早朝ウォーキングは誰が見ても気持ちがいいものです。ただ、血糖値、つまり糖尿病にも良いのか?効果的であるのかという点をチェックしていきます。まさかの結果が出てきます。

早朝だから良い糖尿病の効果

早朝ウォーキング
朝食前に早朝ウォーキングをしている人を見かけたことはありませんか?
健康を考えているんだなと、思っていたことが良い結果に繋がっていることが分かりました。
身体に中度の低負荷運動、つまりウォーキングが健康を向上させることに役立っていること

  1. 血圧を下げる(またはリスク軽減)
  2. 2型糖尿病管理によい
  3. 善玉コレステロール上昇効果
  4. 気分も上昇効果
  5. 悪玉コレステロール改善効果

ウォーキング前に
怪我防止のために、十分にストレッチをしましょう。

空気と酸素とウォーキング

早朝ウォーキングは糖尿病に良い?

早朝ウォーキングの利点は、気持ちの良い太陽やキレイな空気。
清々しい空気と共に輝く太陽を浴びられる時間ほど、贅沢な時間はありません。

それら新鮮な空気を身体いっぱい取り入れて、細胞から二酸化炭素を除去して沢山の酸素を得ることで血液循環を高めることができます。

心の緩和エネルギー

ウォーキングは心のリラクゼーションの場でもあります。
私は近くの湖畔のジョギングですが、ウォーキングであっても終わるととても気分がよいです。
これは自然に身体が反応していることであり、筋肉の緊張を解いたり、エネルギーを身体いっぱいに感じることで軽度のうつ病に、1日のスタートを気持ちよくきること=つまり幸せを感じる促進剤の1つとしてもよいのです。
よい睡眠のためにも、ぜひ。

 

瞑想にも

瞑想にも

瞑想とと聞くとあまり慣れないので、と懸念されがちですがお香を立てたりするイメージ。
小鳥のさえずりやリラクゼーションの音楽を掛けながらのウォーキングで、リズム、呼吸を感じて集中すると自身の精神リフレッッシュや調整にも良い効果が期待できます。

深呼吸、ウォーキングをから元気いっぱいのエネルギーを早朝から取り入れて糖尿病の調整に役立ちますように。

情報参照元:livestrong

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here