冬季オリンピック選手は何を食べる?何カロリー?

オリンピック選手は高品質な栄養素は高パフォーマンスには欠かせません。勝利を狙うには選手たちがどのくらいのカロリー摂取を必要としているのでしょうか。え?こんなに?と思いながらどのくらいの体力が必要なのかこれから残りの冬季オリンピックの見方が変わりますよ。

 

アイスクリームにチュロスで金メダル?

アメリカのクリエイ・キム選手はハーフパイプの金メダルを獲得する数日前アイスクリームやチュロスを食べていたのです。
金メダルの願掛けや幸せな気分でオリンピックへの努力のご褒美を自分にあげることにより、より競技に集中できるのかもしれませんね。

冬季オリンピック競技毎の必要なカロリー

冬季オリンピック選手は何カロリー食べる必要がある?

競技内容によりカロリー摂取量も異なりますが、寒さを耐えながらの集中とメダルを取るためのパワーやスタミナは重要です。(

オリンピック選手のストレス解消

オリンピック選手は日頃から減量をしたり、体調管理をしながら厳しいトレーニングをしています。
私は国体やインターハイなど学生時代に味わいましたがそれでも辛い日々を送っていたなと感じたことも多々ありましたが、オリンピック選手になるにはそれ以上過酷な練習をしているので本当に頭が上がらないほどです。

頂点を目指すためには、栄養管理もきちんとされていて食べたいものも制限されながらタイトなスケジュールの中練習を続けて精神面も体力面も強化しているので、そう簡単にジャンクフードやハンバーガーなど常々食べることはそうはありません。

しかしオリンピックの舞台前にはある程度のリラックスも必要になるため、アイス、ハンバーガー、中華料理を食べたりしてストレスを緩和させるのです。

では冬季オリンピック競技毎にどのくらいの食事の内容に差があるのでしょうか?

クロスカントリースキー選手 ジェシーディギンスの食事例

 

  • またはフレンチトーストにピーナッツバター
  • バナナ
  • ナッツをトッピングしたパンケーキ

一方のフィギュアスケートの選手はこれだけなのです。

フィギュアスケーターアダム リッポンの食事例

というように栄養とカロリーは選手らが必要なパワーが発揮できる食事管理があるからこそ。トップアスリートに必要不可欠なのです。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here