心臓病専門医からの教え-心臓を鍛える筋トレTOP5

今日からできる心臓筋トレ?!心臓を鍛えることといえば、有酸素運動が一般的ですが実は筋トレでもできる方法があります。心臓専門医おすすめの心臓を鍛える筋トレ運動TOP5をご紹介します。

強い心臓を作るために日ごろからの生活習慣があげられますが、食事などだけではやはり足りません。心臓の筋力を鍛えて突然の心臓に関係する病気発症、血管がつまって鼓動がストップしてしまう「心筋梗塞」などを未然に防ぎましょう。

また無酸素運動の筋力トレーニングは、ジョギング(有酸素運動)の心拍数と血圧レベルよりも高いレベルに上げることができるだけでなく、適度な筋力も付けられつつ、不要な脂肪は燃焼できる一石二鳥ワークアウトです。

1.スクワット

心臓の健康に筋トレTOP5

私たちも4,5年以上続けているスクワット。ふらつかないスクワットのやり方もまず大事です。呼吸を一時的にフッ!と止めたり一気に息を吐いたりポンプする動きが心臓への負荷となり、トレーニングになる。

目安は会話をした時、いくらか息が上がる程度です。苦しくなる時はしっかり休憩をとり、水分補給をお忘れなく。

2.ランジ

心臓の健康のために筋トレ。ランジ

ジムでたまに行っていたランジ。ただジムは狭かったので、適度にUターンをしていました。一番いいのは広場など、安全な広い場所で一歩一歩進みながら行うランジ。慣れてきたら写真のようにダンベルを持って行うのもよいでしょう。

3.ベンチプレス

ベンチプレスで心臓を鍛える

スクワット同様、しっかり深く息を吐き、吸う運動になるベンチプレス。初めてだとバーだけでも意外と重く感じます。無理のない程度に行うことです。

4.ショルダープレス

ショルダープレスで心臓を鍛える

ベンチプレスだと、基本バーが20KGあるので大変なら、ショルダープレスがおすすめです。体のバランスを崩さないように鏡を見ながら呼吸も整えて行いましょう。

5.プランク

プランクで心臓を鍛える。筋トレ

プランクは、腹筋、背筋、腕、首、お尻の筋肉なども鍛えつつ、呼吸、心臓も鍛えつつ。自重で手軽かつ意外と良い運動になる筋トレです。

何も持たず、家でできるので、タブレット端末を手元に置きながらでもプランクの運動ができます。ポイントは息を止めず、呼吸を整えながら行うことです。

注意点

心臓に不安のある方、心臓に問題がある方は事前にかかりつけ医に相談の上行ってください。ちょっときついかな、と思う程度の筋トレ。これが心臓を鍛える筋トレなのです。

40代、50代過ぎるとどんどん筋力も体力も、新陳代謝も低下していきます。しかし鍛えることは十分可能です。

今日から始められる心臓を鍛える筋トレ、心臓にも体全身にも良く、新陳代謝もUPさせて今日もおいしくご飯をいただきましょう!

コメントする