日頃から食べている魚介類には水銀が含まれているものも多い。しかし肥満や糖尿病、人体への影響はどうなのか調べてみましょう。

水銀と気をつけたい魚介類

水銀は体内に蓄積されるもので、特に妊婦や小さな子ども、過剰摂取は有毒なため避けたい。

アメリカ食品医薬品局(FDA)週に約170g以下に控えるように勧めている魚

  • メカジキ
  • イルカ
  • アマダイ
  • 鮫など

(※特に大型の魚で乳類は濃縮された水銀が多く含まれているので注意が必要)

その他体に危険性の高いもの

水銀と魚介類-糖尿病や人体の影響

  • 輸入海老 (抗生物質や化学残留物が含まれることがある)
  • 養殖うなぎ (PCB類、水銀が高いことがある)




なぜ水銀と糖尿病が関係する?

中枢神経、腎臓、口腔、脳障害まで至る毒性の強いもの。小児水銀中毒は神経鞘、自閉症という原因ではないかという説もあるのです。

代謝を下げ、人体機能を衰える力があるため、肥満、糖尿病どころの問題以上の危険性が高い為、適量の摂取が安全でしょう。そして・・・
いつも食べすぎ飲みすぎが多い人は、注意が必要な時が来たのかもしれません。

 

最後に。今回水銀がこんなに恐ろしいなんてと知ったあなたへ。
こんなサプリメントがあります。
DHA+EPAも摂取できて、無添加水銀除去サプリメント。

 

オメガ3のサプリメントを普段取っていても水銀除去が入っているとより安心安全です。
そんな時にもっと体を考えたこのサプリがあります。気になるあなたへ。

>>サプリメント詳細はこちら

 

返事を書く