もずくの糖尿病への効果と簡単レシピ

もずく(モズク)が他の海藻よりはるかに多い成分があることにより、血糖値にもよい働きをすることから糖尿病などにも効果的な食物。ミネラルだけではありません。

もずくと糖尿病の関係

フコイダンという成分、聞いたことはありますか?胃の粘膜の保護だけでなく、胃酸と交じり合い小腸へ流れる助けをしてくれるお腹にやさしい救世主ともいえます。

消化を緩やかにすることで、そして小腸へ運ばれる時間も掛かる。つまり満腹感も持続しやすいので、もっと食べたいな。という食べすぎや肥満を防ぐことにもなります。(もずくを食べている時は、お腹が空くかも。と思いますけどね。思っているより、腹持ちがいいです。)では、以下にてもっともずくの優れたパワーをご確認ください。

血糖値を急激に上げないもずくのパワー

このフコイダンの力は、胃や小腸への助けだけではありません。
食物がゆっくりと移動すること、つまり血糖値が急速に上昇を防ぐという働きまであるのです。
(低カロリーなだけでしょう。と思っていたあなた、重要ですよ!)

殺菌作用ともずく

フコイダンにはピロリ菌から胃潰瘍、胃炎を防ぐという働きも効果が期待できるというのです。がん細胞から防ぐ、その他にも不溶性食物繊維(アルギン酸)が殺菌作用もあるそう。

その他の栄養成分

  • エイコサペンタエン酸
  • アルギン酸
  • キシロース
  • ビタミンC,A
  • 食物繊維
  • アミノ酸
  • 無機質 – マグネシウム、カルシウム、カリウム、リン、ナトリウム、鉄 etc

参照元:Wikipedia

【もずく簡単レシピ】

もずくの生姜スープ

  • もずく (お好みの量)塩気を洗っておく
  • かつお出汁 (お好みの量)
  • 生姜 すりおろし
  • ポン酢 (醤油の代理 減塩を込めて)

※今回は粘り効果UPのために、オクラも投入。

【作り方】

1.だしを作る。
2.生姜ともずくを加え、味を調える。
3.最後にわかめや長ネギを加えても美味しい。

たったこれだけ!

もずくの糖尿病への効果と簡単レシピ

【糖尿病や肥満へのポイント】

  • もずくは火を通しすぎないこと。
  • 減塩のために、醤油ではなくポン酢を使う。
  • 生姜で代謝を促す。

ところで、こんな情報は知っていますか?モズクだけではない美容にも大注目食材。
赤ちゃんからハリウッド女優まで愛されている100%自然食ダイエット。

オートミール食べ方レシピ集

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here