糖尿病でアルツハイマーリスク2倍になる?

糖尿病とアルツハイマーのリスクについて、2倍という心苦しい情報を見つけました。合併症のリスクがここまでの数値を出している、恐ろしい生活習慣病です。

糖尿病になると、合併症のリスク

アルツハイマー危険性
合併症のリスクも上がり例えば、心臓発作、脳卒中といった人間の重要な機能に影響を及ぼす生活習慣病ですがアルツハイマーという点で2倍というのは、重要な情報です。

アルツハイマーへのリスク要因とは?

糖尿病でアルツハイマーリスク2倍

研究も詳細をまだ進めているようですが、可能性として2型糖尿病に関係するインスリンがアルツハイマー病に関わる脳のぷラークを形成するたんぱく質(アミロイド)を打破し、高血糖(グルコース)は、酸素含有酸化ストレスと呼ばれるプロセスで細胞を損傷する分子を生成し体の能力を妨げる可能性があるというのです。

高血糖と血管性認知症(vascular dementia)

動脈閉塞が脳組織を痛めつける際に、血管性認知症を発生しやすくなるという。
年齢を重ねるに連れて、血糖値には要注意ということです。

15年間の実験でほんの少しではあるが23%が認知症テストを受け結果は

  • 大半は脳血管性認知症と認知症の間。
  • 残りがアルツハイマー病。(診断方法は、死亡した患者、脳剖検の脳スキャン)

手遅れになる前に。

2型糖尿病の危険要因を減らすべく、血糖値コントロールが重要です。

【関連おすすめ情報】

情報参照元:mayoclinic, CNN
テンサイジャパンメールマガジン登録フォーム

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here