風邪予防に正しいマスクの使い方を

最近インフルエンザや風邪が流行っていることでTV番組によく出演している池袋大谷クリニック院長が教える風邪予防のマスクの使い方とは?

間違ったマスクの使い方をしている

間違ったマスクの使い方をしている

風邪予防といっても方法は色々ありますが、今回池袋大谷クリニックの先生が教えてくださったのは、間違ったマスクの使い方をしてはいけないということ。(1)

7割が間違った付け方をしているデータも

風邪予防に正しく使うマスクとは

外出から戻ったら、装着しているマスクの外側は触ってはいけないこと、知っていましたか?外出時にマスクの表面には塵やゴミ、そしてバイ菌が沢山浮遊していて、マスクにも付いてくるのです。

だからこそ、マスクの装着時に耳に引っ掛ける輪の部分から取ってゴミへ捨てましょう。
また外出する時は、新しいマスクを取り付けましょう。

風邪予防、インフルエンザ予防は正しいマスクの使い方から。
もちろんうがい、手洗いもお忘れずに。

テンサイジャパンメールマガジン登録フォーム

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here