PM2.5が糖尿病を悪化要因を持っている

今日本各地で騒がれているPM2.5が糖尿病を悪化要因を持っている報告が出たという恐ろしい情報です。そこまで体内に影響を及ぼす粒子が含まれているのか。なぜPM2.5と糖尿病?

 

中国からの大気汚染であるPM2.5が2型糖尿病のリスクをあげるという報告が「Ciabetes」マガジンから公表されたのでこれはただ事ではありません。

注意したい糖尿病とPM2.5の関係

PM2.5が糖尿病を悪化要因
中高年で糖尿病予備軍が大気汚染のPM2.5により2型糖尿病リスクを高める可能性。

  • 自律神経の乱れ
  • 筋肉インスリン抵抗性UP
  • 肝臓の脂肪肝

食事制限見直ししても改善されないとPM2.5との関連性を考えてもおかしくないという専門家から警鐘があるほどこのPM2.5と糖尿病の関係はこれからも目が離せないことになります。

肺機能、喘息の話がでてきているPM2.5ですが、
普通のマスクでは、微粒子はマスクを通り抜けてしまうほどの脅威です。
中国からの大気汚染、国を挙げて早急に予防できるものではなさそうですので、自己対策が今後も重要視されます。

【関連おすすめ情報】

情報元:zakzak
テンサイジャパンメールマガジン登録フォーム

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here