トム・ハンクスは自身が2型糖尿病であることを明らかにしたというビッグニュース!詳細はいかに?

トム・ハンクスと糖尿病

新しい映画フィルム「キャプテン・フィリップス」のPRのために現れた際に、述べられた衝撃告白。

糖尿病予備軍であった状態から症状は変化し、トム・ハンクス担当医師に告げられたのは「2型糖尿病」という言葉。

36歳頃から高血圧・糖尿病予備軍

トムハンクス担当医師は、彼が36の頃から高血圧でありその頃から2型糖尿病予備軍となったものの解決されず、「健康からの卒業、おめでとうございます。」と皮肉なジョークも。
月日は流れ、彼の忙しいハリウッドスター生活の中での克服とはいかなかったようです。

人生で最大の減量

ハリウッドスターのトム・ハンクスが2型糖尿病!2000年に公開された「キャスト・アウェイ」(飛行機墜落時、運よく無人島で過ごした映画)で50ポンド以上の減量をしたものの、役作りによっては肥満の役もあったりと食生活を安定させるということはトム・ハンクスにとってはやはり困難だったようですね。

 

糖尿病になる原因食生活

考えられる原因をいくつか挙げてみましょう。

  • 食生活改善をしない(好きなものを食べたり、新鮮品質の良いものを食べない、時間が不規則など)
  • 運動量の少ない状態
会見時にはジョークでこの糖尿病についてお披露目していましたが、今後肥満系な配役は控えていくかもしれませんね。今後の活躍も期待される大俳優トム・ハンクス情報でしたが、(情報提供元:CNN

 

手遅れになる前に。糖尿病予防や美容ケアを食から見直していきたいあなたへ
【関連情報】

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here