新型コロナ安心距離は人1.5メートルは不十分?!

オランダのアイントホーフェン工科大学とベルギーのルーベン大学の共同研究の結果によると、新型コロナウイルス感染予防での人との距離は1.5mでは十分ではない。くしゃみ・せきなどによる飛まつ感染を必ずしも防げないという研究結果が発表されたのです。

屋外での運動と新型コロナウイルス感染予防距離

新型コロナ安心距離は人1.5メートルは不十分?!
画像のシュミレーションデータは、Eindhoven University in the Netherlandsより

ルーベン大学のブロッケン教授曰く、飛沫の飛翔距離を測定したところ、横並びでスポーツする場合には4〜5メートルの間隔を開けないと意味がないということですが、皆さんはどうされていますか?

  • ウォーキングは、5m
  • ジョギングやゆっくりサイクリングは、10m
  • ランニングや速いスピードは20m程の間隔が必要

横並びで走る場合

横並びで一緒に走る場合よりも、横並びしている人の後ろは感染の危険性も高まります。

なぜ数メートルではだめ?なぜ間隔を開ける必要があるかについてより解説していきます。

スリップストリーム

実は飛行機などで言うながらば、飛行機が空を飛ぶことで気流が前からやってきて後ろに流れることが解ると思いますが、スピードが速いほど受ける風が大きくなるためです。それは人間も同じなのです。

乾燥、湿気の関係

それから気をつけたいのは、空気が乾燥している環境よりも、湿気の多い環境の方が呼吸や咳などから出る飛沫、つまり見えないミスト状のウイルスが空気中に停滞しやすいのです。

これからの予防策

日光浴をする時は、上記のことを考慮して屋外で気分転換をすることをおすすめしますし、無理のない運動方法を選びまだ不安な新型コロナウイルスのための自粛生活を乗り切っていきましょう。

close

今ならメルマガ登録で「新陳代謝UP15食材PDF」プレゼント!

テンサイジャパン公式ロゴ 大

コメントする