アンチエイジングはコレだ!毛細血管力アップで老化予防

気になるけど見えない毛細血管の年齢。TV番組ゲンキの時間で老化の原因が毛細血管にあることがわかったのです。

 

毛細血管から若々しく

第一人者という大阪大学高倉先生が毛細血管の役割や、老化の原因となる理由について教えてくれましたのでまとめてみました。

毛細血管の基礎と役割

  • 身体の血管のうち99%を占める(動脈や静脈は1%のみ)
  • 全て繋ぎ合わせると約10万km(地球2週半分)の長さがある
  • 5-10ミクロンと細く、8ミクロンの赤血球が何とか通れる細さ

人間にはならないものなのです。

加齢と毛細血管ゴースト化

毛細血管は加齢に伴い減少することが分かっているのですが、実は減少率に驚かされたのは、30代の人と70代の人を比べ、40%もの毛細血管が減っているのだそう。

これはどうにか防ぎたいものです。

毛細血管と老化の関係

常にアンチエイジングに気をしているなら知っておきたい、この毛細血管と老化の関係ですが、

  • 毛細血管と肌
  • 毛細血管と内蔵

この2つが大きく関係してくるのです。

お酒が弱くなる理由は毛細血管?

実は年をとるとお酒が弱くなる理由は、肝臓の毛細血管が減少することが理由なのだそうなのです。ただ肝臓全体が疲れてしまったり、老化だけのせいかと思い込んでいたあなた。毛細血管が減っているこのことを覚えたいですし、

それ以外に認知症や骨粗しょう症なども関係があるというのだから知らずに入られませんね。

毛細血管と食生活

みんなが大好きラーメンやから揚げなどの動物性脂肪を加熱した食品に多く含まれるAGE(終末糖化産物)を食べると、約7%が蓄積するだけでなく毛細血管に悪影響を及ぼすのだそう。

毛細血管と運動

なら運動しているなら大丈夫!と思いがちだがそうではなく、過度に強度の高い運動や筋トレを行うことで排出される活性化酸素が、残念ながら毛細血管に悪影響を与えてしまうのです。

では、具体的に毛細血管を強化する方法を2つご紹介してまいります。

ニッキが毛細血管を助ける

シナモン 糖尿病予防

京都の老舗八つ橋屋の女将さんや従業員さんと毛細血管は非常に良い関係があるというのです。

八つ橋といえば、シナモンの香り。
そうなのです、ニッキに含まれる桂皮エキスが、毛細血管からの漏れを90%以上防ぐと言われていて、シナモンにも同様の効果があるというのです。

1日あたり、たった0.6グラムのニッキやシナモンを摂取すればいいのです。
ただアンチエイジングなど意識しすぎてシナモンを摂り過ぎるのも良くないので注意しましょう。

シナモンが苦手な時は?

シナモンが苦手な人は、ルイボスティー、グァバやキンカンもTie2を活性化させるといわれているのため、こういうもので毛細血管ケアしていきたいですね。

この体操が毛細血管を健康維持

血流を高めれば毛細血管を健康に保つことができるため、シナモンを摂取しつつ体操でダブル効果を狙いたいもの。
「かかと上げ、グーパー体操」を朝晩20回行えば健康な毛細血管を維持できますよ。

【かかと上げ、グーパー体操のやり方】

1.まっすぐに両足で普通に立つ
2.両足のかかとを少しあげて下げるのを繰り返す
3.2と同時に両手をグーパーする

それだけ!

見えない毛細血管。見えないからこそ大事に若々しさを中から保っていきましょう!

コメントする