脇役的存在のピーナッツが心臓&体に良い理由を徹底調査!こんなに近い存在なのに食べなかったなんて・・・!ピーナツがミラクル食材であると知ると今から食べたくなりますよ。

おすすめピーナッツはこちら

ピーナッツとは

ピーナッツというて素朴なイメージがありますが、実はオートミールのようにミラクル食材の1つであることが注目されてきています。

以前ピーナツバターが糖尿病に効果的という記事でアメリカのピーナッツバター協会が存在するだけでなく健康的な効果もあるという点だけでも素晴らしいと思ったのですが、ピーナッツバターの減量であるピーナッツ自体もはやり体によいということで今回は更に具体的にまとめてみました。

ピーナッツの効果。心臓&体に良い理由徹底調査!

ピーナッツの効果と栄養

ピーナッツ実は大豆の仲間

ピーナッツはナッツの仲間ではなく大豆の仲間(マメ科)の植物です。
またアーモンドやくるみよりも大豆やレンズ豆に近いものなのです。意外でしたでしょうか?

この時点で驚きですが、巷では様々な誤解も多いピーナッツ。食べ過ぎると鼻血が出る?そういったことも含め正しい知識を学んでまいります。

一価不飽和脂肪、多価不飽和脂肪が豊富

ピーナツは一価不飽和脂肪、多価不飽和脂肪が多く含まれ以下の期待できる効果が期待されています。

  • 中性脂肪・LDLコレステロールに効果的
  • HDLコレステロールを上昇させる効果
  • 血圧を下げる効果
  • ストレスに対する血圧反応の減少
  • 糖尿病予防
  • がんの抑制作用
  • 薄皮にはポリフェノールが豊富 など

しかし落花生(ピーナツ)が全ての人に対して受け入れられるかと言ったら実はそうでもないため、一部の人は気をつけなければいけません。 (*http://www.health.harvard.edu/blog/peanuts-linked-heart-longevity-benefits-pricey-nuts-201503057777)

ピーナッツを食べる時のメリット、デメリット

メリット

  • 保存が効きやすい
  • 食事のアレンジがしやすい
  • ダイエットのお供や小腹が空いた時におやつになる
  • 心臓病予防
  • がん予防
  • ミネラル、ビタミンが含まれる
  • ナイアシン(ビタミンB3)も含まれる
  • 死亡リスクが低下(※人種問わず)

デメリット

  • 硬いため歯の悪い人には大変
  • 入れ歯使用者が隙間に入ると傷みが発生する場合もある
  • 幼児にも硬いので食べる際注意が必要
  • アレルギーがある人もいる
  • 殻つきだと食べるのが面倒

おすすめピーナッツはこちら

食べるべき人、食べてはいけない人

食べるべき人

  • ダイエットや健康維持をしたい人

食べてはいけない人

  • アレルギーがある人
    実は落花生(ピーナッツ)には牛乳屋そばのようなアレルギーになる人がいます。
    ほんの少しでもアナフィラキシーを引き起こしやすいアレルゲンのため、注意が必要な食材ともいえます。

アメリカの消費量

アメリカナッツ消費量
http://www.peanut-institute.org/peanut-facts/
  1. ピーナッツ&ピーナッツバター67%
  2. アーモンド 13%
  3. ピーカン 4%
  4. ピスタチオ 2%
  5. クルミ(ウォールナッツ)2%
  6. その他のツリーナッツ 12%

しかしピーナッツやピーナッツバターが好まれる中、こんな問題もあるという点も知っておきましょう。


ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here