一般的な糖尿病が増加している中、妊娠糖尿病というものもあることを十分理解し、改善策を見つけていきましょう。危険リスクを下げるのも下げないのも自分や家族の協力次第です。

血液検査キットおすすめ

妊娠糖尿病リスクは下げられる?

アメリカのリサーチでは、100人に10人 (10%) が妊娠出産時の可能性が高くなるそう。

血液中のブドウ糖や砂糖量が上昇する関係で、余分な砂糖が赤ちゃんへの栄養へ利用できるのに役立っています。とはいってもグルコースが細胞内へのレベルが高すぎてしまうと、赤ちゃんへの問題を引き起こす原因になる可能性もあるので注意が必要です。

まず理解することが先決です。以下の項目に当てはまることはありますか?

  • 妊娠前に太りすぎていた
  • 糖尿病の家族がいる
  • 25歳以上
  • 前の妊娠時に妊娠糖尿病(GDM)になったことがある
  • 以前の出産時、大きな赤ちゃんだった、または死産した
  • 以前異常な血糖検査結果だった

妊娠肥満リスク

妊娠糖尿病リスク軽減ダイエット-食事面

健康な範囲で血糖値を維持するための食事をすることが大事です。

大好きなお菓子、炭水化物の制限
糖質の多いものは、血糖値を上げる作用があるので、栄養士さんに相談もよいでしょう。
食物繊維の多い食事のすすめ
果物、野菜、全粉クラッカーなど、穀物も有効です。
ただ摂りすぎには注意が必要です。




妊娠糖尿病リスク軽減ダイエット-運動(活動)

妊娠糖尿病リスクを下げるには

血糖値や健康を保つ為のアドバイスです。

  • 妊娠中は、ウォーキングや水泳も良い
  • 週4時間の運動やエクササイズで妊娠糖尿病リスクを70%下げるという研究結果も出ている
妊娠中も大変とはいえ、新陳代謝を良くしながら、体の中からキレイを保つことが元気な赤ちゃんを出産することにも繋がるでしょう。
気になる方は、医師や栄養士に相談ください。
情報参照元:webmd.com

 

【妊婦糖尿病・肥満関連情報】

返事を書く