糖尿病便秘ストレス解消のコツ

2型糖尿病になると、あらゆる合併症リスクが同時に高まります。そこで特に気になる便秘。ストレスの原因の1つをできるとそこから解消できるコツをつかんでいきましょう。

糖尿病のストレスが危険

以前にも書いたストレスと糖尿病の話、覚えていますか?
ストレスホルモンと心臓病と糖尿病リスクUP

便秘のこんな症状はありませんか?

  • 液体化
  • 食後の腹痛
  • 腸が落ち着かない感じがする
  • 嘔吐
  • 頭痛
  • 食欲不振
  • 倦怠
  • 発熱
  • 脱水など

血液検査キットおすすめ

糖尿病の便秘改善するには?

食物繊維ローダイエット
便を柔らかくすること、腸機能を促進させるために、毎日食物繊維30gまたは25g程度摂取するなど。
または便秘用サプリメントもチェックしてみましょう。
水分補給不十分
固い便は便秘で辛く、痔まで発展すると心も肛門も痛いです。
日頃からお水を飲んでいますか?
または牛乳、スープやシチューなども積極的に摂取してはいかがでしょうか?
座りっぱなしの生活
事務仕事、家で座ったままでごろごろするだけ。基本的に座ったままの生活をしていると腸もうまく働きにくくなります。そこで定期的な運動。腸壁の筋肉収縮促進する必要があるので、体をひねる運動、ねじれ運動もおすすめです。




排便を我慢
忙しいスケジュールや、バスでの移動、旅行中などトイレに行く回数、時間も限られている時は気をつけたいのが便秘悪化。
朝食を工夫したり、便を出来る限り我慢しないように気をつけましょう。

便秘解消後の利点

  • 肌荒れ軽減
  • 肌艶の改善
  • 食事が美味しくなる
  • 健康的に体重も減少
  • 外出の楽しくなる
  • 肥満対策にもなる
  • 笑顔も多くなる
情報参照元:healthcentral.com

食物繊維が毎日摂れない

食物繊維

便秘軽減のためのサプリメントも多く手に入れることができます。

いつもの食事に、手軽に食物繊維のサプリで排便を助けることもできるので
自分に合ったスタイルの方法を見つけることが重要です。

 

その他お薬だと、強すぎてしまう。そんな時はサプリメントから徐々にお腹を整えてみる方法もありますし、

サプリメントよりもできれば食から見直したい。

そして、手遅れになる前に。

その他に美容や健康をケアしたいあなたへ気になる記事も追加しておきました。

コメントする