糖尿病や予備軍には大注目である炭水化物禁断症状。これって非常に葛藤があると思いますが、どう対処していけばよいか、ヒントをご紹介します!お見逃しなく。

 

炭水化物禁断症状とは?

日頃から食べているチョコレート、ポテトチップス、フライドポテト。美味しいですよね。

この手軽さが危険ということ、知っていましたか?

これらは「砂糖」「塩」「脂肪」という脳にとって大好物な物質なため、手軽に吸収できることがポイントです。

なぜ良くないのか?

糖類や小麦粉は手軽に食べて素早く吸収されることがエネルギーバランスだけでなく、インスリン、血糖にも関係しているといいます。素早く体に吸収されてしまうと、どんどん脳も欲しくなるので、

炭水化物禁断症状

「食べたい!」という信号をどんどん送って、止められない、止まらない♪という状態に陥っていく。

つまり、禁断症状が発生してしまうのです。

食べても食べても、止まらないのは脳の指令だったということです。

炭水化物禁断症状を抑える方法

(私も試している方法の1つでもあります。)

これらみんな繊維質が豊富にあるので、これらを摂取することにより満腹中枢が刺激されて「お腹いっぱい!」という信号が脳から送られますので、ダイエットにはとても有効な手段の1つ。

しかし野菜だけで工夫するなんて難しい。

あなたの欲求をどのように満たしていくか?

炭水化物の禁断症状を抑えるために、日頃からスーパーでの買い物にも工夫があると自分も家族も健康的になるための環境が整えられます。では無理なく始めるために、

以下の方法を試したことはありますか?

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here