禁止の食べ物があるのですが、国によってOKであったり、そうでなかったりマチマチ。そんなことより、体に悪いと知っていれば食べないし、食べたくない!そこで8つの気になる食べ物を健康志向なあなただけにご紹介!
(ありえない原材料に驚くはず。)

 

1.人工着色料の食べ物が神経細胞の発達を阻害

カラフルで子供たちにも人気な食べ物というイメージを連想しますが、そう思うのも今日まで。
毒々しい色のケーキ、デザートなど、海外に行くとよく見ませんか?笑

ケーキミックス、スポーツドリンク、お菓子、マカロニ&チーズなど・・・
石油由来の化学物質からできている、つまりディーゼル燃料、ガソリンなどと関係していることからこんな危険性があるそう。

他国は禁止-米国で食べてる8つの食べ物とは

この食べ物と危険性

脳腫瘍、神経細胞劣化など

禁止されている国
ノルウェー、フィンランド、オーストリア、フランス、イギリス(素晴らしい!)
(カロリーOFFの裏が分かる)

 

2.オレストラ(オレアン)がビタミン分解と便漏れを引き起こし、カロリーを落とす

オレストラ(オレアン)がビタミン分解と便漏れを引き起こし、カロリーを落とす
こんなサブタイトルが付くだけで、もう食べたくなくなりますが、
オレストラというオイルが、体にこんなにも恐ろしいものを作り出していると知っていますか?

この食べ物と危険性

痙攣、便漏れ

例えばこんな商品は危険

Fat Freeのポテトチップス、コーンチップ、フライドポテトなど

禁止国

イギリスとカナダ

(次ページ続く: 臭素化植物油と臓器障害?)

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here