肥満患者ドタキャンや考え方に癖がある?

肥満患者に選択の癖があると大阪大社会経済研究所にて分析。面白い理由とは?

 

肥満と考え方の傾向

医学的ではなく特徴を分析した結果の情報だから、面白い。

不健康が招く利益・不利益

  • 今が大事。
  • 計画実行となると、後回しにしてしまう。
  • 将来について無頓着。
動くの面倒だし、私がしなくても、大丈夫でしょう。というような傾向=楽にどうにか過ごしていければいいかな。
そんな傾向が肥満患者さんには高いという結果なのでしょう。

健康になるとこんないいことがある例

  • 好きな洋服が着られる
  • 健康を常に気にしなくてもいい
  • 寝返りが楽。
  • 寝起きがしやすい。
  • かがんだり、座ったりが楽。
  • 小回りが利く。
  • 無駄な汗をかかずにすむ。
  • 代謝がよくなる。
考え方
など、こんなに利点がいっぱいですが、そうなんだ。と終わりにする程度では改善見込みも厳しいかもしれませんが、手遅れになる前に今からあなたにできること。
見つけていきましょう。
関連情報
情報参照元:CBnews

 

テンサイジャパンメールマガジン登録フォーム

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here