驚くことに2型糖尿病の患者さんとストレスは血糖値に影響があるのは本当?ストレスは怪我、病気、手術など物理的原因によって、起こる生理的な反応。それらが2型糖尿病の患者さんにとっては注意したいことにもなるので、おさえていきましょう。

 

ストレスが体に欲求を高める

ストレスがないという人は少ないですが、ストレスが多かったり、長期的に続くと以下のような問題に繋がります。

  • 消化トラブル
  • 不眠
  • うつ病
  • 不安
  • カフェイン
  • アルコール
  • 砂糖の欲求。

心当たりはありませんか?

私は2型糖尿病ではありませんが、一緒に食事制限をしていると、私だけ好きなものを食べてもよいというのはありません。

(1人だけ平気な顔をして好物を目の前でほうばる行為は心苦しいですので)

耐えることもありますが、逆にストレスになり異常なほどに甘いものが欲しくなったりするのはありますが
あえて、バナナ、りんごなどで糖分補給をとどめたりの工夫はしています。

 

ストレスホルモンと血糖値

ストレスホルモンとの関係で、2型糖尿病患者の場合血糖値が上がる可能性があるというのです。

急激に食事を制限しすぎていたり、2型糖尿病だからといってただただ苦しむのであれば、少しずつできるところからじっくり改善したり無理をし過ぎないことは大事なことなのです。

ストレスホルモンを蓄積しすぎて、合併症リスクを高めてしまっては更に大変な事態になってしまいます。そうならないために、あなたが今日からできることを始めてみませんか?

【関連情報】

情報参照元:caring.com

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here