禁煙家には非常に驚きのニュースかもしれませんが、糖尿病や肥満とタバコから関節リウマチを引き起こすリスクが上がるという研究結果が出ました。

 

糖尿病とタバコ

糖尿病とタバコや肥満が関節リウマチのリスクUP
関節リウマチとどのような関係があるかというと、関節痛やむくみなど長年にわたり英国関節炎研究疫学ユニットチームが研究してきた結果(関節リウマチ非発症者)に対し禁煙と肥満、糖尿病からのリスクがとっても大きいことが分かったという。

研究論文:(「Annals of the Rheumatic Diseases」オンライン版に3月16日掲載)
タバコは肺がんリスクや呼吸器に影響を与えるだけでなく、
関節リウマチにまで影響を及ぼしてしまうということは、血管でしょうか。肥満や糖尿病ですと、体が重くなる分、体内に悪影響がやはり広範囲に渡ってしまうということですね。

関節リウマチとは

Wikipedia情報 参考までに。

(写真もリアルなので、上記サイトから気になる関節リウマチ症状はチェックしてください。)

関節リウマチになると、血管、心臓、肺、皮膚、筋肉のように、全身臓器にまで影響があるので、
やはり日頃から体調管理を気をつけたいものです。

ところで、こんな情報は知っていますか?

 

返事を書く