お肉と糖尿病リスクの関係がアメリカのハーバード公衆衛生大学院からの情報から注目を受けている、お肉好きの人は、ぜひ抑えておきたい情報とは?

 

赤身の肉摂取量と糖尿病リスク

日頃から食べているお肉は、食べ方により体に色々な変化をもたらしている。

例えば、豚肉にはレモン

豚肉を摂り過ぎると、体にはよくない成分となるため、レモンがそれらをカバーする役目を持っているなど
工夫次第でも、体調をコントロールできるのもよいところ。

赤身の肉と糖尿病リスクの関係

リスクが1.5倍にまで上がる危険因子

ところが赤身の肉が新しい糖尿病危険因子として研究発表されたため、
非常に注目であり、私たちも気をつけたい。
4年間に1日0.5サービング超増加した場合、摂取変化しなかった場合に比べ発症リスクも約1.5倍になったそう。

サービングとは?

1日単位の食事バランスをサービングという単位で表現。
(SV=料理の単位)の略。
取りすぎは危険。
今後も気になる赤身の肉や肉と糖尿病について調べつつ、あなたが手遅れになる前に
健康的に美容にも良い食べ物を探していきませんか?
【関連情報】

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here