今また注目されている健康。コカ・コーラが子供向け広告を制限するなど健康食品など食品メーカーも注目し始めているが、本当に消費者にとってどこまで浸透するものでしょうか?

 

食生活と健康対策

健康ブームとはいえ、日本人口の何パーセントが健康に気を遣っているものでしょうか?

メディアを通して、女性を中心に健康的な食事や思考が流行っていますが一時だけであったり、家族の協力がないと続かないのも事実。

 

食生活悪化と生活習慣病の確率

しかし今回の場合、世界的な社会問題になり生活習慣病、糖尿病、肥満率が上昇していることが引き金となり
韓国では肥満税提案が発表されたり、小児肥満のため子供からの糖尿病患者も増えてきていることがただ事ではないと動き始めているのです。

食生活と健康対策

健康食品や健康志向の食事とメーカー

健康食をすれば、体に良いですが、食品メーカーにすれば、どんどん安くて食べやすく、美味しい食品を購入してもらいたいこと。
健康食品に重視すれば、従来食品生産に使用していた材料も健康的にすればするほど、コストも上がり、商品自体の価格も高騰し、私たち消費者にも影響が出てくるのは間違いありません。

美味しい、満足だけを取りますか?
それとも健康重視の食事を選びますか?

 

低カロリーって、ダイエットに効く?

いくら食品メーカーがカロリーOFFといったとしても原材料をみれば分かるのですが

砂糖、結構多く入っているのですが、意外に気が付かない人が多いのです。

ダイエットコークも、カロリーOFFと言っても、結局糖分がしっかり入っているので体に良いかどうか。
それは「悪い」に入ります。

情報参照元:scientificamerican.com

メーカーの売り文句に振り回されないこと。
そこから健康へのステップが始まるのだと考えます。

【関連情報】

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here