iPS細胞からラット糖尿病治療成功

京都大学の研究によると、ラットを使用しての細胞移植による糖尿病治療が成功したというニュース。

iPS細胞がどんどん活躍の兆し

糖尿病治療でも非常にリスクの高いとされる細胞移植に関する治療。

移植細胞で拒否反応、自己免疫反応、その他副作用や膵島提供が多くない等あらゆる問題を乗り越えてのビッグニュースとなった今回の研究。

膵島提供不足も解消か

人間で治療をしていくいあたり、やはり重要なのはドナーの存在。
といってもそういう簡単にてに入るものではないからこそ、難題だったこの治療もiPS細胞のお陰でこういった貴重な膵島提供不足な状況からでも大量確保できる可能性が高まったことは医療業界に更に期待が掛かるに違いない。
情報参照元:qlifepro

テンサイジャパンメールマガジン登録フォーム

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here