これ本当?前回に引き続きコーヒーと糖尿病の関係について。カフェインなしのコーヒーでは効果があるでしょうか?

最近のニュースでコーヒーと糖尿病についてあちらこちらで聞くようになりましたが、今回はカフェイン無しコーヒー。

皆さんはどう思いますか?
とりあえずコーヒーだったら大丈夫派でしょうか。

血糖値とコーヒーの関係について

空腹時にコーヒーを飲むと、低糖になるなど、気をつけるポイントはありますが、コーヒーでも特にカフェインが糖尿病との関係をよくしているそうなのです。
自然の恵みの力はすごいものです。(よってカフェインなしのものに効果は期待できないようです)

缶コーヒーやフラペチーノ

糖尿病や気をつけたい人なら既に知っていると思いますが、缶コーヒーや●ターバックスなどのフラペチーノなど甘いものには注意が必要です。

カフェインなしコーヒーと糖尿病の関係本当にあのお店は儲かっているようですが、
いつの間にか体重だけでなく血糖値も上昇していくでしょうね。
健康とはいえない誘惑物には気をつけましょう。
そう思いませんか?

自宅コーヒーと健康維持

先日も書きましたが、自宅で本格コーヒーやエスプレッソを毎日楽しんでいます。
経済的にも非常にお得です。

毎日缶コーヒーでも 約150円~ 年間計算で 54,750円
毎日●ターバックスでも 約450円~ 年間計算で 164,250円

一方・・・
豆1袋だけでも2ヶ月は持ちますし、約2,000円 年間 12,000円
デロンギのエスプレッソメーカーは9,000円台からで1年は保証があるので問題なし
(1回で2杯以上は楽しめますしこんなに経済的なのです!)

年間でも約21,000円だけ!

例えばエスプレッソマシーンを購入してもこんなにお得で美味しく健康的なコーヒーやエスプレッソ、その他ラテ、カプチーノ等豊富なレシピを満足できます。
自宅でコーヒーの香りに包まれながらバリスタ気分と本格コーヒーを味わう。
美味しいだけでなく健康的に続けられる贅沢&価値ありです。

我が家の愛用品デロンギエスプレッソメーカー

5つのコーヒー効果で糖尿病リスク半減

2 コメント

  1. カフェインなし
    初めまして色々拝読させていただきました。
    カフェインなしでは意味はないとのこと、勉強になりました。ありがとうございます。

    • カフェインと糖尿病
      東城Hさん、コメントありがとうございます。
      そうですね。カフェインが糖尿病との鍵を握っているようなのです。参考になって嬉しいです。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here