定期的な予防接種が新型コロナリスクを軽減する可能性

新型コロナウイルスのワクチンを誰もが切望していますが、当面の間自分を守るために定期的な予防接種を受けることについて注目をしています。

免疫のトレーニング

メイヨー・クリニックのアンドリュー・バドリー博士によると、BCGワクチンは結核予防として接種することは、免疫トレーニングとして新しい概念ではありません。(一般的にワクチンを受けることで、体内に幾らかストレスを与えてそこから自分の免疫が戦うことで、より免疫力が上がっていきます。)
BCGのワクチンの場合、結核以外にも効果的な可能性として、例えばマラリア、黄熱病などにも効果がある可能性があると言われています。

新型コロナウイルスには効果的?

定期的な予防接種が新型コロナリスクを軽減する可能性
子どもの大切な予防接種のための情報や申請用紙

その他インフルエンザや風疹などのワクチンを接種している人と、そうでない人では、コロナの感染力は異なるということが研究で分かったというのです。
しかし残念ながらこのデータは研究のみで、まだ実際の病院でのデータは出ていないそう。

リスクを軽減するために

今までのように、そう簡単に病院に通院したり、入院をしたりということはできない状態ですので、糖尿病にならないように、適度な運動や食事、アルコール、喫煙を辞めるなど少しでも新型コロナウイルスに掛からないように、自己管理をすることは大事です。
ワクチンができても全国民に行き渡るか世界的に新型コロナのワクチン開発競争が繰り広げられていますが、そのワクチンも1回でうまくいくものか、それから全国民にすぐに行き渡るかというのは疑問です。もしワクチンが上手く行ったとしても、優先順位は医療関係者など重要な人勝ちが先に接種を行うなどそう簡単なものではない可能性は高いです。そのため、長期戦になるかと思いますのでその間自分や大切な人などが協力して忍耐強く適切な生活をしていく必要があるでしょう。

コロナ時代でイライラ軽減するために

ずっと家にいることが多くなってきた今日このごろ。疲れやすい、眠れないなど体のリズムも狂いやすくなりがちです。
人が極力少ないところで、運動をしたり天気の良い日に散歩したりと家から出ることで、適度な太陽光を浴びて眠りを促進するなど、少しずつでも自分でできる健康管理をしていくことで心もリラックス。コロナ禍だからこそ精神面も鍛えて乗り越えていきましょう。

close

今ならメルマガ登録で「新陳代謝UP15食材PDF」プレゼント!

テンサイジャパン公式ロゴ 大

コメントする