ニュースによるとコーヒーを毎朝飲んでいると目覚めが良くなりますが、まさか糖尿病にも効果的でしかも4つも効果があるということ今回ご紹介。

今までのコーヒーのイメージ

 5つのコーヒー効果で糖尿病リスク半減
  • コーヒーを飲むと眠りに入りにくくなる
  • 飲み過ぎは体に悪いのではないか

こういったコーヒーとカフェインのイメージがありますが、実はコーヒーを飲むと寿命が延びるという説が出てきたのだから注目!

1. コーヒーが肝臓の働きを助ける

肝臓はアルコールや老廃物等、体に有害な物質を分解することで、血液をきれいにするという働きがある。
それがコーヒーを飲むことにより、肝臓のこの機能を、助けることができるというのだ。

2.血液循環を高める

コーヒーにより血液循環を良くする作用があるという。
コーヒーに含まれるカフェインがこういった作用があるのだそう。

3.ストレス軽減

カフェインにはストレスを軽減される効果もあるという。
ストレスが健康に与える被害は甘くみてはいけないことはご存知かもしれないが、飲みすぎない程度にコーヒー摂取でのストレス軽減も期待したい。

4.糖尿病リスクを抑える

糖尿病予備軍や患者のいる家系の方は、コーヒー摂取も検討してみてはいかがだろうか?
コーヒーを飲むことにより、糖尿病リスクは最大で50%も抑えることができるというのだ。

5.注意点

コーヒーを飲んでもいいが、以下の方法は注意することをおすすめしたい。

糖分入り(甘いコーヒー)
フレンチプレスで煎れるコーヒー(コレステロールが高いため)

5つのコーヒー効果で糖尿病リスク半減、いかがだっただろうか?
意外な効果に驚いたかもしれないが、早速上手にコーヒーを食生活に取り入れていくのもよいのでは?

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here