ソーセージやベーコン等加工肉に発がん性

WHOの専門組織や国際がん研究機関IARCがソーセージやベーコン等加工肉に発がん性の恐れという発表を出したが具体的にどうなのか?

 

国際機関からの発ガン性研究発表

ソーセージやベーコン等加工肉に発がん性
CNNによると世界保健機関(WHO)の専門組織や国際がん研究機関(IARC、本部フランス・リヨン)は26日、ソーセージやベーコンなどの加工肉について「発がん性が十分認められ、また大腸がんになるリスクがある」との調査結果を発表したというもの。

 

赤肉やソーセージがリスクが高い?

赤身の肉やベーコン、ソーセージなどの加工肉が発がん性につながる物質が加工段階で生成されるというものだが、欧米人と日本人と摂取レベルによりリスクにならないという研究もある。

日本人一般的な消費量なら平気?

国立研究開発法人 国立がん研究センターなどの研究では日本人の一般的な消費レベルなら大腸がんリスクにならないという研究結果もあるほど。
とはいっても日本の食生活も欧米化が高まっているため、全ての日本人が大丈夫かといったらそれは疑問だ。

発がん性5レベル

驚くべきはIARCの定めた発がん性になるリスクの5段階レベルの詳細。

加工肉は喫煙やアスベスト等と同じで最も高いレベル。
毎日50gの加工肉を消費すれば、大腸がんのリスクが18%増加すると結論付けたという。

タバコの発がん性れべると赤肉やソーセージの摂取が同じというのは、相当だ。

赤身肉の体へのリスク

赤肉が大腸がんのリスクを指摘するが、膵臓(すいぞう)がんや前立腺がんとの関連もみられるため、加工肉などから鶏肉や野菜や豆、オートミールなど体に優しい食事を心がけたいものだ。
肉食のあなたには大ショックな話だが、コレを機に食生活の見直しをしてはいかがだろうか?

コメントする