糖尿病にココナッツオイルが効果的な理由

選び方は重要。ココナッツオイルが少し前から話題で溢れていますが、実際糖尿病にも効果的だなんて知っていましたか?

 

ココナッツオイルと糖尿病の関係

 今回は男女問わず気になるココナッツオイルの糖尿病との関係や、ココナッツオイルの使い方について確認を含めてみていきましょう。

あ、代謝が上がった!
痩せたかも!
そうなれる日も遅くないかもしれません。

血糖値とココナッツオイルの働き

糖尿病は、血糖値を低下させるホルモンである【インスリン】分泌が少なくなることや、効きが悪くなることで発症していきます。

糖尿病にココナッツオイルが効果的な理由

インスリンの効きが悪くなると、糖の代謝機能が落ちる、それらを「インスリン抵抗性」と言いますが、【インスリン抵抗性】は皮下脂肪や内臓脂肪が多い人、つまり肥満の状態で起こりやすいと言われているのです。
肥満が糖尿病の危険因子になるのは、こういった状態になるからなのです。

サラダオイルとココナッツオイルの違い

一般的なサラダオイル
「多価不飽和脂肪酸」を多く含むため、糖尿病リスクを高める

ココナッツオイル

「中鎖脂肪酸」が豊富に含まれるため、「中鎖脂肪酸」がインスリン抵抗性を改善する働きがあると最近の研究で分かってきたというもの。
インスリン抵抗性が改善されると糖の代謝がアップし、余分な脂肪の蓄積を防いで肥満の予防や解消も見込めるのです。そのため糖尿病ではなくても、糖尿病予備軍や肥満防止、ダイエットをしているという方にも注目されているというわけなのです。

ココナッツオイル、その他の期待できる効果

  • コレステロール値を下げる
  • 免疫力を高める
  • 便秘の改善
  • 抗酸化作用でのアンチエイジング など

たったオイルなのに、ココナッツオイルはとても魅力的で効果的な優れた自然の恵み!
使わない手はありませんね。では、どういったココナッツオイルを選べばいいのか更に確認していきましょう。

ヴァージンココナッツオイルや精製されたココナッツオイルどっち?

精製済みのココナッツオイル

  • 高温抽出、不純物除去、漂白や脱臭処理があるものもある。
  • 独特の香りや、刺激が少ない為、美容用途に使いやすい。
  • 栄養成分は壊れてしまうものもあるので注意。

未精製ヴァージンココナッツオイル

  • 非加熱抽出、未精製、無添加ピュアそのもの。
  • 絞ったココナッツオイルをそのままの状態で製品化。
  • ココナッツ独特の甘い香りがある。栄養成分も高い。
  • 食べるなら、ヴァージン(バージン)ココナッツオイルがおすすめ。

 

オイルなのに凝固してるけど大丈夫?

熱帯で生まれたココナッツオイル。日本の春や冬になると(凝固)固まってしまうのです。それ自体の成分の問題はありません。
個人的に凝固していた方が、使いたい分キレイなスプーンで取って使いやすいこともあります。

ココナッツオイルの使い方

食べる編

  • お肉のマリネーションに
  • サラダのドレッシングとして
  • パンに塗るなど

塗る編

  • ヘアケアに、半乾きや乾いた髪に塗って潤いを
  • リップケアに
  • 妊娠中の妊娠線防止クリームとしてなど

ミランダ・カーなど世界的な大人気モデルの愛用から大ヒットしているこのココナッツオイル。美容や健康に敏感な人はどんどん取り入れる魅惑のオイル。 オイルの使い方、オイルの選び方で糖尿病予防やダイエット美容に健康的な体を保っていきましょう。

【詳細】あなたのお気に入りココナッツオイルを見つけていきましょう。

テンサイジャパンメールマガジン登録フォーム

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here