実はストレスがあなたに良い5つ効果

ストレスというと体に悪いことばかりが飛び交っていますが、実はストレスがあなたに良い5つの方法があるというのです。

なぜストレスが体に悪いのか

なぜストレスが体に悪いのか

ストレスが慢性になったり、ストレス環境や状況がコントロールできなくなったと感じること。
これが健康に影響が出たり、幸せと感じなくなる原因なのです。
※そんな時は、ストレス軽減・解消のための12のスーパーフードをチェック!

良いストレスと悪いストレスがある

英語では良いストレスをEustress(ユーストレス)、悪いストレスをDistress(ディストレス)といいます。

良いストレスEustress効果

自分を奮い立たせてくれたり、勇気づけてくれたり、元気にしてくれたりする刺激。
例えば:

  • 目標
  • スポーツ
  • 仕事
  • 音楽演奏
  • よい人間関係など

悪いストレスDistress効果

外からの影響でマイナスに。自分自身に押しつぶされてしまうなど。
例えば:

  • 過労
  • 不安
  • 悪い人間関係
  • 自分のからだや心が苦しくなる
  • 嫌な気分に
  • やる気をなくなる
  • 不眠症になる
  • 頭痛
  • 皮膚炎になる
  • 周りの人に少なからず何らかの迷惑を及ぼしてしまう

注意:短期的ストレスといっても、交通事故や不審者に襲われた等の場合は、今回のケースに当てはまりません。

では、今回は逆に5つの方法だとストレスが不思議と良い方向へ導くという例をご紹介します。(1)
なるほど納得です。

1.脳を高める(大人にも子供にも)効果

実はストレスがあなたに良い5つ効果

低レベルのストレス要因は、ニューロトロフィンという脳科学物質の生産を刺激し、脳内ニューロン間の結合を強化するのです。
これらの原理をエクササイズする、つまり鍛えることで短期的の心理的ストレスにも効果が高まるというもの。ストレスに対し体が反応し、一時的に記憶や学習能力を上げることが動物実験でも示唆されているということでぜひ、受験生は上手に活用したいものです。

2.自分(柔軟的に)強くする効果

ストレスが多い状況に対して対処することを学ぶ。つまり多くのことを簡単に管理したり処理する、柔軟性や対応力が鍛えられるというもの。
ストレスの多い環境や状況下で繰り返し体験することで、物理的にも心理的にもコントロールする感覚を発達できる対応力も鍛えられるのですが、
それらに負けてしまうと、潰れてしまう。それでは自分に負担となり体へ悪影響になるため、少しずつの訓練が必要でしょう。

3.免疫を増強する効果

体がストレスに反応することで、怪我や感染の可能性を事前に準備するというものです。
これはインターロイキンという免疫系を調整するために役立つ化学物質を生成することで、一時的に防御反応をするというものです。
健康な体はこうした免疫バリアが働く。すばらしい。

4.成功へのモチベーションになる

良いストレスは成功へのモチベーションになる

エストレスとして科学界でよく知られているストレスは、様々なシーンでも成功へ導くストレスで

  • 仕事上
  • スポーツ
  • 音楽演奏など

あらゆる場面で必要とする「いつまでに」「どう完成させるか」などの課題に対して受けるストレスを刺激し、ネガティブになるのではなく

挑戦するぞ!

という考えを脳へ送り込み、状況の流れの把握や目的達成への意識を高めるなどの効果を生み出すというものです。

5.子供の発達に良い効果

子供の発達に良い効果

女性がお腹の中に胎児胎児が宿っている時に感じる不安。
これは悪影響を及ぼすことがあるとよく知られていますが、調査によると、妊娠初期から中期のストレスレベルのある母親の子どもは、ストレスのない母親よりも2歳までに大きな運動能力や発達能力を示したというものです。

ただ例外として、妊娠を喜ぶ女性よりもマイナスに判断した女性の子どもは、注意力がやや低下していたということも。

生きていてストレスは必ず小さくとも付いてくるもの。そのストレスに負けない(どう対処していく)かどうかが鍵ですが、やはり彼らに勝つにはトレーニングも必要なのです。問題は1つ1つ消化していくことと、今日も深呼吸をお忘れなく。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here