NHKのためしてガッテン1000回放送の2018年10月31日テーマは免疫力アップの方法。特に、「スーパー免疫力」についても紹介され、風邪や癌などの病気の予防に役立つ免疫力をアップするには交感神経が関係していることがわかったのです。その緩める効果がある方法や免疫力アップランキングもチェックしていきましょう。

免疫力とは?

免疫力とは?

免疫力(めんえきりょく)とは、元々私たちの身体の中に備わっているセーフティ機構で、白血球やリンパ球が関わっています。 役割りの面から考えると、両方とも体に入り込んだ異物(病原体など)をなくすために働く免疫システムと言われる私たちのカラダに元々備わっているセーフティ機構がどれだけ強力であるかによって病気になったり、ならなかったりということが決まるのです。

免疫力の主役はリンパ球

免疫力の主役はリンパ球です。リンパ球とは白血球の一種で、ウイルスやがん細胞などから体を守る免疫細胞のことを指します。リンパ球は血管を通り体内を循環してパトロールしますが、パトロールが間に合わないと感染細胞やがん細胞が増殖して症状が悪化してしまいます。

リンパ節とは?

リンパ球はリンパ節の中で待機しています。そして体がウイルスや癌細胞に攻撃をされた時、リンパ球の活躍の時なのです!

リンパ球コントロールでスーパー免疫

リンパ球がスーパー免疫になる重要な鍵は交感神経。交感神経は血圧や心拍数をコントロールをし運動やストレスなどで活性化します。

交感神経が緊張していると、リンパ節の入口は閉じる。 逆に交感神経が緩むと、血液中にリンパ球が出る。

筋トレ・パワーリフティングの運動効果

だから、私も3年くらい週に1,2回パワーリフティングをしていますが、こうしたONとOFF(交感神経がオン&オフ)の時間を作ることで免疫を高められている。だから風邪も引きにくいのかな?と推測します。 ただ気をつけなければいけないのは、無酸素運動でも有酸素運動でも運動後はいつもの食事よりもやや多めなどカラダの回復のための栄養補給や良質な睡眠も大切だということもお忘れずに。

リンパ球の学習

スーパー免疫を作る方法

交感神経はリンパ球を積極的にとどめることによって、リンパ球は学習が促され免疫力を強めることができ、リンパ節の役割は病原体が運ばれてリンパ球が学習し、パトロールの効率を上げることで交感神経の緊張と緩みができる。 自分の生活習慣のメリハリがこうしたリンパ球などのメリハリへ繋がっているということ、恐るべし自分の体です。

スーパー免疫を作る方法

長期間のストレスや睡眠不足などが交感神経を不要に活性化していき、リンパ球の出入りに悪影響を及ぼすということです。だからこそ大切なことは睡眠は一日で最も交感神経が緩まる時なのでもっと睡眠時間を自分に与えてあげることなのです。 米国研究では、睡眠時間が7時間以上の人に比べて、6時間以下の人が風邪をひく割合は4.24倍!免疫力アップには、いかに睡眠が大切かがわかりますね。

健康=ON・OFF time&良質な睡眠時間

その他ガッテン1000回記念として免疫力アップランキングが紹介されていましたので、こちらもチェックしていきましょう。

免疫力ランキングTOP20

免疫力ランキングTOP20

1位:昼寝(横になることで交感神経が緩まる。13時~15時に30分以内の時間がよいそう)
2位:ウォーキング(軽度の運動はリラックス効果あり。天気や景色を楽しむこともよし)
3位:足湯(気持ち良いと感じる程度のぬるめのお湯がおすすめ)
4位:めい想(心を落ち着かせることや、呼吸を整えることは大切)
5位:音楽鑑賞
6位:緑茶
7位:首にマフラー
8位:首にねぎ(専門家もなぜなのか今後の研究材料にする可能性も!?)
9位:マッサージ
10位:人にやさしく
11位:筋トレ
12位:入浴
13位:体操
14位:乾布摩擦
15位:ストレッチ(体を伸ばすことで血流アップ効果に)
16位:タッチケア
17位:コーヒー
18位:にんにく
19位:温冷浴
20位:お笑い

番組では、アメリカの地で「絶対に風邪をひかない女性」が取材され、その「免疫力」の秘密が明らかにされましたが、マッサージなどリラックスタイムも免疫力アップに大切であること、また他人にタッチケアをしてもらうことで交感神経を緩む効果がありますが、大切な人大好きな人、愛する人とのタッチケアやマッサージだとより効果が高まる。
そういった薬で治す治療などにはない、人間の免疫力アップ方法を上手に取り入れて健康管理をしていきましょう。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here