痩せるホルモンを食べ肥満や糖尿病対策方法

TV番組の予告で見た肥満や糖尿病対策、「この●●を食べると痩せる」という気になったこちら、
7/30放送されたたけしの健康エンターテインメントみんなの家庭の医学からおさらいしていきましょう。

【重要】痩せるホルモンを食べることが大事

痩せるホルモンGLP-1というホルモンがインスリン分泌を助けてくれます。
中でもGLP-1を沢山分泌させるために必要なのが、魚介類に多く含まれるEPAや食物繊維です。

※(2018/10/23放送:林修の今でしょ講座)サバ缶栄養の骨・脳・肥満予防で大注目!

GLP-1とは

グルカゴン様ペプチド-1
(Glucagon-like peptide-1)の略です。

膵臓からのインスリン分泌を促進し、糖尿病治療としてDPP-4の阻害薬とGLP-1受容体作動薬が日本、海外で用いられるもの。
参照元:Wikipedia

今回特集された山形県村山市とは?

痩せるホルモンを食べ肥満や糖尿病対策方法とは人口2万5千人という山々に囲まれた山形県村山市、こちらで週2,3回食べているのがこちら

鯖(サバ)
村山市で335個、東京で19個、(1日でスーパー購入比較)それだけ消費量が高い鯖の栄養をみてみましょう。

青身魚から豊富なEPA

話題の鯖水煮
EPAは痩せるホルモンGLP-1を大量に分泌する働きがある。
ただ毎回鯖を処理するのは大変ですので、鯖缶で効率よくGLP-1を摂取しながら美味しく食べる。
というものなのですね。

過去簡単レシピでも登場している

当サイトでは色々な情報を提供していますが、既に糖尿病対策簡単レシピ等でも紹介しているのはご存知でしょうか?

>>先日のこの鯖缶を利用した簡単レシピもその1つですね。

近所のスーパーで午前中から棚から消えていたサバの水煮。
(味噌煮缶は残っていましたが 笑)
うちの近所だけにとどまらず、Facebookなどでも、なぜサバの水煮がないの?
というような話題までも、恐るべしサバパワー。
本当は教えたくないですが^^
体内からキレイの源をつくるために、まず1週間続けてみましょう。




サバ水煮のお取り寄せ その1

しかし賢い人はネットからお取り寄せしています^^
その方が確実ですね。
(メーカー等により大分品数も減ってきているので、お急ぎください!)

痩せるホルモンを食べ肥満や糖尿病対策方法痩せるホルモンを食べ肥満や糖尿病対策方法

oat-mini

鯖や魚が苦手、毎日は大変 お取り寄せその2

ただ鯖や魚自体いつも食べていられない、苦手な方におすすめはこちら

 

その点も含めて魚を食べるという点で、気をつけたいものもあるのでこうしたサプリメントがとても便利で安心です。痩せる健康的といっても、色々な視点からのリサーチをしています。
(私も、2日に1回程度サプリメントで必要な栄養を効率よく摂取しています。)
バランスの良い食事は大事です。

痩せるホルモンを食べ肥満や糖尿病対策方法

EPAとDHAを摂取しながら、水銀除去。

 

テンサイジャパンメールマガジン登録フォーム

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here