NHKガッテンでコラーゲンは本当に効くのか?という特集をしていましたが、実は効果がある人にはある法則があることがわかったのです。意外な効果にも注目すると様々な良い効果が生まれるかもしれませんね。

 

コラーゲンはそもそも効果がある?

コラーゲンはそもそも効果がある?
実は個人差はあるという専門家の結果でした。(【NEW】コラーゲン摂取1週間の結果&感想
これはコラーゲンは薬ではなく、サプリメントとして補助の役割をするものだからなのです。

ただ個人差があるといっても、美肌になる人にはある一定の理由があることを知っていると、今後年齢を重ねても老化も怖くなくなるかもしれません。

コラーゲンは体内に吸収される?

口から取り入れたコラーゲンは、体内に吸収される際、胃や腸で分解されます。
ただ吸収されるだけでなく、ある細胞がこの分解されたコラーゲンを発見し、より多くのコラーゲンを増やしてくれるのです。

線維芽細胞

その細胞は線維芽細胞
増殖した線維芽細胞が新しいコラーゲンを作ってくれるため、結果シワが減ったり、水分量がアップするという仕組みということで大変ありがたい細胞です。

コラーゲン摂取で効果が高い人

  • 高齢者
  • 怪我
  • 日焼け
  • 乾燥肌
  • 関節痛

こういった人は、コラーゲンを飲み続けることで、効果も出やすいということですが、それ以外の人でも2,3週間飲み続けて効果が感じられるようならば、飲み続けて様子をみるのもよいという結果に。

褥瘡治療にも役立つコラーゲン

更に凄いのは、褥瘡(じょくそう)といって、病気でいつも同じ姿勢で過ごしている、例えば以下のような場合でもコラーゲンが活躍できるというものです。

  • 寝たきりなどで血流が悪くなってしまい悪化したところが壊死する現象
    (床ずれ)

コラーゲン入りのゼリーを食べて続けた結果、傷の再生に効果的だということでコラーゲンを取り入れている病院もあるほど。(1年など)※個人差あり

アスリートもコラーゲン

それと、怪我や関節痛ということもコラーゲンに効果的ということで、箱根駅伝でも常連校である大学の選手たちの食事でもコラーゲン粉末を選手個々に取り入れて、日々の練習の強化や体のリカバリー力を高めることに役立てているという事例もあります。




コラーゲンもゼラチンも一緒?

コラーゲンもゼラチンも一緒? ただガッテンの番組の後半では、

コラーゲンもゼラチンも実は一緒なのです。

という情報まで公開されたのですが、

値段はコラーゲンの方がゼラチンに比べると高いですが、購入の際、考えたいのは、コラーゲンなどの含有量。

いかに手軽に効果的に体内に取り入れていくかが鍵でしょう。今日からさっそく潤いプルプル肌を目指してコラーゲン生活を始めたいあなただけに。

アミノコラーゲンプレミアムスターターキット

<あれから・・・コラーゲン摂取1週間の結果&感想

返事を書く