小児肥満の糖尿病リスク低下がビタミンDにある?

アメリカをはじめ小児、若年肥満がここ30年間で劇的に増加している、つまり糖尿病リスクが同時に増加しているというのですがビタミンDとどのような関連性があるのか、気になるトピックです。

 

小児肥満の糖尿病のビタミンDの関係

小児肥満の糖尿病リスク低下がビタミンD
ミズーリ大学研究から、ビタミンDサプリメントから肥満の子供たちや十代の若者たちの病気を食い止めたり、血糖値制御する等の助けをするという結果がでてきたというのです。

しかしその前にビタミンDって、例えばどんな食材があるのかチェックしてみましょう。

  1. あんこうの肝
  2. 紅鮭
  3. きくらげ
  4. キングサーモン
  5. 干ししいたけ

 

健康な骨、神経と筋肉維持
(自然に浴びる太陽光もビタミンD)

 

ビタミンDについて気になること

とはいっても小児肥満や10代若年者の子達の食生活や症状によりビタミンDのサプリメント投与するかの判断をドクターにしてもらうことが大事ですし、場合によっては肥満度により逆効果になる場合がある可能性もあるそう。

(難しいところです。)

基本の食生活から、お母さんしっかり見直して実行継続していかないと
自分もそうですが、家族みんなが大変なことになります。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here