糖尿病と爪の線は病気の信号

先日ラジオを何気なく聴いていたところ、爪と病気の話をしていたので興味を持ち耳を澄ましていると糖尿病とも関係があることがあるそう。

 

爪と病気の信号

よく大病、急激な体調の変化があると爪に変化があること気づきませんか?

先日TBSラジオで(確か日曜日)専門医の方の番組があり、縦の爪の線、横の爪の線とで注意が必要という情報を耳にしました。

病院でマニキュアをしない理由

爪は健康のサイン。ということで、お医者さんや看護士さんは爪をみて健康状態のチェックもすることがあるのだそう。
お化粧が出来ない分、爪くらい・・・と思っているあなた!こういう理由があるので気をつけたいものです。

 糖尿病と爪の線は病気の信号

縦の爪の線

司会の女性が聞いた「縦の爪の線」これは、加齢(笑)だそう。
これは問題なさそうですが、線を消したくなりますね。

ただ注意が必要なのが横の線なのだそうです。

横の爪の線と病気の信号

特に気になったのが、横の線。

大病、糖尿病・・・聞き逃さなかった糖尿病という言葉。
爪の横の線と、糖尿病とも関係があるそうなのです。

何となく気になる人は、チェックしてましょう。

コメントする