糖尿病検査方法尿は調べられるのか

糖尿病検査をしようかどうか迷っている人、でも病院で知り合いに会いたくないしと気になる方へ糖尿病と尿についてチェックしていきましょう。

 

病院での糖尿病検査の現状

糖尿病は痛みがあるから発症したということが人目で分かるか、その人の状態、レベルにより全くいつもと同じ人や合併症が進みすぎて分かる人と、大きく分かれ安い病気です。

ただ症状が見た目や感じて分かるならいいのですが、気がつかないので余計に大変ですね。
最近は糖尿病検査が手軽に出来る分、少し目安にもなるので全く知らないよりはやや安心感がありますが、不安なら病院でしっかり検査がよいでしょう。

病院での検査というと、総合病院だと予約をしても1時間程度待たされたり、うっかり知り合いに会うと厄介なことも。 遺伝性の1型糖尿病、生活習慣病的生活の乱れから起こりやすい2型糖尿病と、年々患者数が増加しているといいますので、早めに対処していきたいものです。

 

糖尿病は尿検査はできるの?

30nengo現状血液検査を主としているようです。尿の色やにおいで糖尿病かどうか判断はできないそう。 糖尿病でなくても尿から糖が検出されたり、血糖値が高くても尿糖が出なかったり。体のバロメーターの尿でも、糖尿病の検査には尿検査は使えないのですね。

 

放置すると糖尿病治療費用が高額

糖尿病検査方法

糖尿病は合併症が最近多く聞くようになりました。眼科系、手足、関節、内臓系など、前日も話しましたが、長年蓄積してきた体の重みや不健康な生活ですから、治療も時間が掛かります。同時に治療の費用も掛かるわけです。
放置せずに早めに対処していきましょう。

早期発見で、自分や家族の心とお財布の負担を軽減できるのです。

この血液検査の便利なところ

1.いつでも時間を気にせずチェックができる(食事前がおすすめ)
2.病院で待たずに済む
3.人の目を気にしなくて済む
4.まずは血液検査だけをして、今後どう改善&気をつけていけばいいか自己対策を練ることができる

大好きな人を悲しませるのはこれで終わりにしませんか?

血液検査キット商品詳細

情報参照元:アステラス製薬

コメントする