妊娠性糖尿病と赤ちゃんへのリスク

妊娠中に糖尿病や危険性があるというと、どうしてもお腹の赤ちゃんへの影響を心配するのが母親。赤ちゃんへの病気のリスクをチェックしてみましょう。

 

ドイツで6000gを超える赤ちゃん誕生

身長58cm自然分娩とはいえ、母親は妊娠性糖尿病という診断を受けたそう。

糖尿病を放置すると、胎児が通常より大きくなる傾向

母親が妊娠性糖尿病ということで、医師や特別チームは大きい子どもが生まれてくるという予想ができていた
よって合わせて予想されたのは合併症。

血液検査キットおすすめ

 

妊娠性糖尿病と合併症症状とは?

上記にも記載した「医師の特別チーム」

血糖コントロールが悪いと、妊婦及び赤ちゃんに様々な合併症が出るそう。
  • 網膜症
  • 腎症
  • 神経障害

巨大な赤ちゃんになると確率が上がりやすいこと

  • 肩甲難産
  • 腕神経麻痺
  • 骨折
  • 産道裂傷
  • 帝王切開




赤ちゃんで糖尿病

1型糖尿病と2型糖尿病の可能性

1型糖尿病
(インスリン依存型糖尿病)
生まれつきなどの関係で、子どもに多く発症するので、家族のケアが大切。
肥満とは関係がないので、一見外見では糖尿病かどうか、分かりにくい。
・血糖が高くなる関係で、水分を多くのみ、その分の排出量も多い。
・激しい頭痛など
2型糖尿病
(インスリン非依存型糖尿病)
大人や肥満の上、運動不足などで起こりやすい。

手軽に血糖値測定する方法

国内の安心ブランドといえばテルモ。
計測に1分も掛からないという点と、手軽さが人気な計測器。
やはりどこのドラッグストアにあるというというわけではない点も含めてよい商品でしょう。
(1回の測定で100円~の料金が掛かるという点でもお得)
糖質制限できた食事でコントロールできているか、
血糖値計測も目安として、数値が非常に気になる人に今注目を受けています。
自分の血糖値レベルを知ると、体調管理もしやすくなり、数字で分かると今後の対策に役立ちます。
keisokuki-image
 ※上記は計測器の表示イメージ。

妊娠性糖尿病と赤ちゃんへのリスク妊娠性糖尿病と赤ちゃんへのリスク

商品詳細
【肥満関連情報】
テンサイジャパンメールマガジン登録フォーム

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here