七福神IoTが2型糖尿病予防を助けるアプリ

糖尿病や糖尿病予備軍が増え続ける日本。手軽に自己管理ができないかという対策がアプリで登場。

国で大規模研究アプリで開始

七福神IoTが2型糖尿病予防を助けるアプリ

国立国際医療研究センター糖尿病研究センターでは、IoT活用で2型糖尿病を重度化予防を目的とした臨床研究を開始したのです。

七福神が血糖コントロール?

七福神アプリではHbA1の変化を1年間行うというもの。 研究に参加する患者さんに、通信機能をもつ測定機器(血圧計、体重体組成計、活動量計)を無償を貸与し、患者さん自身がスマートフォンを使って、毎日の健康情報を自分でモニタリングができるものです。 七福神アプリ

七福神アプリはなぜできた?

あいち健康の森健康科学総合センターが経済産業省の「IoT推進のための新産業モデル創出基盤整備事業」の結果にもとづき、バージョンアップをして開発したスマートフォン専用アプリです。

自分で自己管理

糖尿病の医療費はお金が掛かるため、途中で諦めてしまう人も少なくないからこそ、どうにかならないものかと始まったのがこの研究アプリですが、七福神が励ましてくれたり、様々なアクションがあるため、ゲーム要素があるため楽しみながら自己管理ができる点で注目あるアプリ 合併症も高まりやすい糖尿病だけに、セルフチェック、管理が手軽にスマホと計測器と連動させて、より健康改善へ少しでも繋げられるとよい手助けになるものが、今後も期待したい手軽なサポートアプリです。

七福神アプリへのお問い合わせは以下へお願いします。

E-mailiot-shichifukujin★grp.ahv.pref.aichi.jp(★を @ に置換して下さい。メールアドレス自動収集防止のため、@を変更して記載させて頂いております。)

コメントする

NEW テンサイジャパンメルマガ

健康・テック・お金・マナーなどのライフ総合情報をお届け!