糖尿病簡単レシピ-鮭しそフレーク

糖尿病でも美味しく食べる、そして応用も利かせたいけど簡単に料理をしたい人へ鮭とシソのレシピのご紹介です。

 

鮭の栄養

DHA、EPA,タウリン、フィッシュコラーゲンといえば代表的な鮭。

お肌に潤いも与えたいですよね。

コレステロール代謝UP、動脈硬化予防、心筋梗塞、糖尿病などにも効果的な食材の1つ。

紫蘇(しそ)の栄養

>>こちらの記事で紫蘇の栄養についてご紹介中

簡単!鮭しそフレークレシピのご紹介

材料

  • 鮭の切り身 1尾
  • シソ 3,4枚
  • 酒 大さじ2杯程度
  • すりごま お好みの量
  • ゴマ油 少々
  • 塩。胡椒 少々
※糖尿病や肥満予防に鮭は塩づけしていないものをおすすめします。

簡単鮭しそフレークの作り方

糖尿病簡単レシピ-鮭しそフレーク

1.まず鮭は魚焼き器等で焼く。裏面、表面それぞれ酒を吹きかけるか、掛けて旨味を出す。
(このひと手間が美味しさUP)

2.しっかり火を通したら、ほぐし、塩コショウ、すりゴマ、シソのみじん切りなどを加える
お好みでごま油を加えながら軽くいためても美味しい。

ポイント

応用・食べ方アレンジ方法

  • オートミールの上に掛けて食べる。
  • 卵とじにする。
  • 即席スープに加える。
  • サラダのトッピング。
鮭しそフレーク
鮭は体に良い、頭に良いといっても塩分調整は大事です。
>>塩分や旨味調整に、このお塩も大好評中!

合わせて読みたい!シソ関連簡単レシピ

 

コメントする