糖尿病とiPSの関係が更に接近。リプロセルが糖尿病治療向けiPS細胞作製技術を東工大と共同研究するという発表です。

リプロセルのiPS細胞技術

リプロセルはiPS細胞関連の研究試薬等を手掛けるバイオベンチャーとして海外の会社と様々な提携をしつづけたり、研究力も実力もつけ続けていますが、今回東京工業大学との共同研究開始という発表があったため、注目を浴びる存在となったのですが、どういった内容のものなのでしょうか?

糖尿病治療膵島移植ではドナー不足

リプロセルのiPS細胞技術糖尿病治療に有効とされる膵島移植ではドナー不足が非常に大きな問題となっている点で、この研究により膵前駆細胞や膵β細胞の大量生産が期待されるそうなのです。
iPS細胞の技術がもっと身近になっていけるよう、今後もリプロセルに期待が掛かります。

情報元:kabutan.jp

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here