ラズベリーは昔からメディカルハーブ(生薬)として長年愛されてきた果物。その成分の抗酸化作用や抗炎症作用がダイエット(肥満)予防や糖尿病だけでなく女性にも優しい効果があるというニュースを入手しました。

ラズベリー基本情報

ラズベリーはバラ科キイチゴ属に属する低木のことを指し、白い花を咲かせ赤い実をつけるのが特徴です。

ヨーロッパなどではキイチゴ(西洋キイチゴ)と呼ばれている可愛らしい果物です。

ラズベリーの栄養

  • フラボノイド
  • ラズベリーケトン
  • エラグ酸
  • エラジタンニン
  • アントシアニン
  • 食物繊維
  • ビタミンE
  • ミネラルなど

ラズベリーと美容と健康効果

ラズベリーの栄養ラズベリーはあまり馴染みのない果物かもしれませんが、実は多くの可能性を持つスーパーフルーツであると研究結果が報告されています。

  • 糖尿病予防
  • 肥満予防
  • 心血管疾患予防
  • 動脈硬化予防
  • 認知症予防
  • 健康な顔色へ
  • エネルギー増大

ラズベリーと癌予防の関係

上記だけでも素晴らしいと感じるのですが、実はラズベリーの効果は癌予防にまで注目されているというのです。

  • 子宮内膜
  • 膵臓癌
  • 前立腺癌
  • 結腸
  • 咽頭
  • 食道 など

そして年齢を重ねるごとに気になってきているデトックス。そんな点にもラズベリー効果が期待できる?

ラズベリーでデトックス!女性に注目

赤色は、女性にもやさしい鉄分カラー

ラズベリーの豊富な食物繊維や水分量がデトックス効果が期待できるというもので、便秘で困っている女性にも嬉しい効果として消化を助ける効果もあるというのです。

目にも優しいラズベリー

実はラズベリーの良い効果はまだまだ続き、日々疲れ目のあなたにも注目の食材なのです。
ラズベリーに豊富に含まれるビタミンCは、UV光で受けた損傷を保護するだけでなく、有害であるブルーライトをもフィルタリングしてくれる目を保護する力があるというのです。

近年スマホやデスクワークで一日中パソコンと向き合っている現代人にとって、ありがたい果物だといえるでしょう。では、どのようにラズベリーを摂取すれば飽きずに食べることができるでしょうか?

ラズベリーレシピ色々

ラズベリーレシピ色々

  • スムージー
  • オートミールのトッピング
  • チキンサラダにくるみやラズベリーをトッピング
  • 全粒分のワッフルやパンケーキに挟んで食べる
  • ラズベリーをミキサーにかけドレッシングベースにする など

ラズベリーの注意点

購入する際に気をつけたいのは、残留農薬。
気になる方は購入時に調べてみるのもよいでしょう。

ラズベリーのダイエット効果や健康ケアについては、病気の予防として気をつけるのは大事ですが、ラズベリーばかり摂取しすぎるのではなく日々の全体のバランスのとれた食事をすることが大事であることを忘れてはいけません。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here