周富徳氏、佐野実氏は最期まで糖尿病闘っていた。ほんの1杯のラーメンとはいえ週1ペース、毎日食べ続けていると糖尿病になる原因を自分が?そしてラーメン好きでも果たして予防できるものなのか?

ラーメンという職業病

 炎の料理人で有名な周富徳氏は誤嚥(ごえん)性肺炎でこの世を去ったといいますが、実は同時期になくなったラーメンの鬼こと佐野実氏も最期まで糖尿病と闘っていたというのです。

二人とも中華、ラーメンという仕事柄食という共通点を持ち、ラーメンに命を注いできた力のある方たちでも病気にはやはり勝てなかった。あれだけTV業界を盛り上げることができた2人だからこそ光と影である影で病に掛かっても表に出さずに最期まで仕事に打ち込んで来たに違いないでしょう。

ラーメンと糖尿病

ラーメンで糖尿病患 者増加中日本全国ラーメン店は数多く、脂を多く盛ったものからあっさり薄味まで様々あっても糖質が非常に気になる食品。では具体的にどのようなものが良くないといわれるのか。どのようなものなら体に効果的だというのか、以下にて早速確認していきましょう。

ラーメンはなぜあまり体に良くない?

1.塩分
ラーメンのスープには沢山の塩分が含まれています。よって丼一杯全てのスープを飲み干すことは体にいいとはいえなのです。

塩分を取りすぎることにより、高血圧や癌の要因だけでなく、腎臓に負担をかけむくみの原因にもなるというのです。

(次ページへ続く:やっぱりか!というアノ理由が明らかに)

4 コメント

    • ラーメン
      コメント嬉しいです。ただラーメン大好きな方にはとても辛いですが、体には負担になってしまうこともあるので、適度に食べてくださいね。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here