健康的筋肉&ダイエット【病気予防】簡単レシピ&情報

スクワット

スクワットの痛み解消・対策方法

筋トレが人気の今ジムではマシーンに限らずデッドリフトやスクワットなどを行う男女が増えてきましたが、スクワットの適切なフォームで行わないことで痛みを伴うことがありますが、そのまま放置していると危険ですよ。

もっと読む
夜食ダイエット:しらたき冷麺レシピ
糖尿病予防簡単レシピ&情報

夜食ダイエット:しらたき冷麺レシピ

夜食ダイエットレシピ第2弾は冷麺をしらたきで代用する方法です。意外といけるんです! しらたき冷麺満腹のコツ 特に食べ盛りの子供や筋トレ後でお腹がペコペコな時は特に多めにしたいのは、 きゅうりは1人一本。タンパク質(卵焼きや目玉焼き)を多めにすること(タンパク質をいつもより多めに) その点をポイントに具材もモリモリ頂きましょう。 しらたきダイエット成功記事や、先日紹介した韓国チャプチェ風しらたき簡単レシピも気になる方はぜひ。 しらたき冷麺材料(2人前) しらたき2パック 卵 2個 ※運動後は多めに きゅうり 2本 トマト 1個 鶏肉 胸肉 1枚 ぬるま湯または水 700〜800ml チキンパウダー 大3〜4 ※使うメーカーにより濃さが異なるため少しずつ調整。 酢 大2程度 お好みで (オプション)

もっと読む
進化した今、心身共に健康な生活を送る方法
ストレス

進化した今、心身共に健康な生活を送る方法

狩猟民族であった頃から比べると、私達の生活は大幅に変わり進化してきましたが、この進化した今、どうやって最高な人生を送ることができるのでしょうか? ケーブマン時代の人間と現代人の違い 現代人の生活では、会議での発表や緊張をしたり、ちょっとしたことで不安になったり、悩んだりしていますが、1万年前の人間は、いつ死ぬか分からない時代で、今日でも明日でも虎やライオンが襲ってくる可能性もあり、いつでも勘を働かせて生きてきた頃に比べると、とても平和に、そして安全な暮らしができます。(1) しかし豊かな暮らしになった一方様々な問題も発生しているのです。 食べ物 かつて私達の先祖たちは、食べ物を得るには自分で何十キロ先でも歩き、必要な食べ物を探し回ったりしていました。また朝昼晩、毎日食事をすることも無く、食べられる時に食べ、そうでない時は我慢をするしかなかった時代でした。 肉、果物、野菜、種、ナッツ 現代の私達の食事は、いつでもスーパーに行けば食べ物は手に入り、また空腹を満たすために高カロリーの食べ物を選ぶこともありますし、デザート、おやつ、砂糖のあるお菓子も沢山あり、ファーストフードも簡単に食べることもできますが、一方で身体に短時間で大量のエネルギー摂取をすることで太りやすく体も疲れてしまうのです。 移動方法 私達の先祖は野外活動は当たり前の時代だったため、獲物を追いかけ、逆に猛獣などに追いかけられたら命がけで逃げ回る必要があったため、体が動いて当たり前の生活でした。 一方現代人は、1日8時間デスクワークをしながら、高カロリーの食事を摂り、ソファーに横になりながらTVを見ること、また家から数十歩で車に乗り、会社ではエレベーターを使うのが当たり前になる環境から、姿勢の悪さ、筋力の低下から腰痛、関節が痛むようになっています。 その上痛みから開放されたいがために、鎮痛剤は欠かせないなど問題があります。 睡眠方法 現代人は電気のお陰で、夜間でも様々なことができるようになり非常に便利な時代になりましたが、一方でこのTV,ハロゲン照明、ゲーム、スマホなどは睡眠の妨げになっているのです。 狩りをしていた時代は、陽が昇ると共に起き、日が暮れると共に眠るという自然のサイクルができていたので、体も脳もゆっくり眠りにつくことができました。週末キャンプでテント生活が人気なのもこういった理由があるかもしれませんね。 恐怖を感じる 狩猟、ケーブマン時代はいつでも猛獣たちが襲ってくる可能性があったため、いつでも攻撃をする準備ができていました。思考回路は常に刺激をされていたのです。このアドレナリンは戦うために非常に大事なのですが、現代の私達の生活の中で、殆ど使うことのないアドレナリンどのようにして活動することができるのでしょうか? 人間はいつも安全安心な環境やボーッとしているよりも、適度な刺激を受けることも必要です。 今ではホラー映画、ミステリー映画、ゲーム、お化け屋敷など恐怖体験を味わうことでアドレナリンが放出されるのです。 どのように良い暮らしができるのか? 例えば犬や猫などを飼うとしましょう。私達の家族となるペットを飼う時、こういったことを考えるはずです。 どのような運動、活動が必要なのか 栄養面はどのようにすればいいか どういった環境が安心できるのか など ペットのことを大切に考えるように、自分自身も同様に考えることが大切なのです。

もっと読む
中性脂肪を下げた実践方法 after
ストレス

サプリなしで中性脂肪を下げた実践方法

サプリなしで中性脂肪を下げた実践方法と健康診断結果で明らかに出た数値と、食と運動この両面を重点的に実体験を紹介し共有します。1年でここまで下げられるのです。 健康維持・改善のための食事 私たちは実体験を通して、体で感じてレポートのようにこのサイトで色々紹介していますが、同時に結果は感じるだけではわからないため、年1回の健康診断から体脂肪、中性脂肪、高血圧、糖尿病予防になるかどうかなど確認のためにチェックをするのはいかに体を思っているのかが数字に出るので、若いからといって油断はできないものです。 サプリメントだけに頼らない 中性脂肪を下げるサプリも多く出回っていますが、あくまで栄養補助食品ですので、自分は何が足りないのか(運動不足?外食がち?など)再確認をしていくことは大事です。 健康診断結果を見る限り中性脂肪値に課題 年1回定期健康診断として、出た結果は驚きました。 ※中性脂肪166。安全な範囲は:40-149ですからこの高中性脂肪で注意! 中性脂肪値が高いことが見て明らかな結果として出たため、より工夫が大事だと痛感したのです。 糖尿病予備軍かもしれないし、放置すれば年齢関係なく糖尿病になる可能性が高 くなるだけでなく他の病気を発症しやすい環境を自ら作り出してしまうためです。 今日から始める食事と運動の徹底 健康は資本。 だからこそ私たちは一緒に食生活を見直し、また効果的な運動(ワークアウト)を取り入れることにしたのです。 そこまで太っていないと思ってもある中性脂肪。その原因 アルコールはよくないと聞きますがアルコールも月1程度。 甘いものは危険。 肥満というほどの体型でもなく、お腹周りが気になるかなという感じの体型 痩せていても中性脂肪値が高いということもあります。 だからこそ健康診断で具体的な数値を見る、教えてもらうことがサインになるのです。 オートミール効果 白米からオートミール 白米から玄米 オートミールデザートから主食まで(オートミール効果) 空腹時はミックスナッツなど

もっと読む
アスリート

永久保存版!35の掟。これはやったら絶対NGジムマナー

ジムにかれこれ5年以上通っていますが、筋トレでスクワットラックやベンチなど利用する特に男たちのジムマナーがどうなのだろうとということが多いので、永久保存版にしました。ジムあるあるで納得する人も多いはず。 1.ジムの大きい鏡で(自撮り)セルフィーをしない インスタグラムが流行っているので、男女問わずジムの中で見かける自撮り。セクシーさを見てほしいのはわかりますが、ジムはトレーニングをするところ。つまりジムの鏡は自分の筋トレフォームを確認するためにあるものだということ忘れてはいけません。 2.ジムの鏡の前でシャツを手繰り上げてお腹を出す 先程同様、インスタのために自撮りするためかわざわざTシャツやタンクトップを手繰り上げて腹筋を見せてみたり、そのまま写真を撮る行為マナーが良いと思いますか?ジムはみんなが使うところ。つまりお腹を見せて自撮りをするならばロッカールームやバスルームなどで行いましょう。 3.勝手にアドバイスをしない ジムで色々な方法で筋トレをしている姿の中でも、良いフォーム、大丈夫かなと思うフォームなど光景をみると思いますが、聞きもしないのに勝手にアドバイスをしないことです。 トレーニングをしている人は、自分のペース、回数で行っているのに余計なお世話をするのはやめましょう。また危険な行為を行っている場合は、注意したほうがよいですが、もし相手から質問を受けた時以外は余計なお世話は注意が必要です。 このフォームはどう思いますか? など聞いてきたら、快くアドバイスをする。それがマナーです。 4.プレッシャーを掛けない 長時間スクワットラックを陣取っているとしても、何も言わずラックの前でウロウロして圧力を掛けるなどするのではなく、もし使いたいのであれば「あとどのくらいで終わりますか?」など直接聞きましょう。 5.勝手にウェイトを持っていかない ジムで色々な方法で筋トレをしている姿の中でも、良いフォーム、大丈夫かなと思うフォームなど光景をみると思いますが、聞きもしないのに勝手にアドバイスをしないことです。トレーニングをしている人は、自分のペース、回数で行っているのに余計なお世話をするのはやめましょう。また危険な行為を行っている場合は、別ですがもし自分から「このフォームはどう思いますか?」など聞いてきたら、快くアドバイスをする。それがマナーです。 6.誰も使っていないことを確認 まだバーベルにウェイトがついているのに、周りを確認せずに使い始めるのはNG。もしかすると使っている人がトイレに行ったかもしれません。またはちょっと急用ができて外で一時的に電話をしているのかもしれません。空気を読むことです。 7.2つも3つも場所を同時に陣取らない たまにいる空気を読めないジムユーザー。スクワットラックでスクワットをしつつ、ちょっと離れたところのベンチでもベンチをする。もしジム内に誰もいないなど間違いなく問題ないならばよいかもしれませんが、シェアスペースですので1つずつ行いましょう。 8.使い終わったら、マシーンを拭かない 人によって、バーベルに汗、血、粉、またマットに汗がびっしょりになっていることがあります。そんな後に誰が使いたいと思いますか?備え付けのタオルや消毒を使って清潔を保ちましょう。自分の家のものではありません。 9.筋トレ最中に話しかけない ライトウェイトであっても、ヘビーウェイトであっても、友達や知り合いが集中をして筋トレをしている最中に話しかけないことです。場合によっては、怪我をする可能性もありますので、ウェイトやダンベルなどを置き終わってから話かけましょう。 10.自分の道具、ウェアなど常に清潔に。 たまにいる歩いた後にも、濃い汗臭い匂いが残っている人がいるという経験はありませんか?ウェイトベルトやグローブ、タオル、シューズなど、臭い人がいますが非常に迷惑です。常に清潔なギアを持ってジムを使いましょう。 11.使い終わったら戻さない

もっと読む
長寿と睡眠の関係
ストレス

寝る前に健康効果のお茶は麦茶で良い睡眠対策

前回の緑茶や玄米茶の効果の記事に続き2018年10月23日の林修の今でしょ講座で麦茶、やルイボスティーなどの健康効果について紹介していた点をまとめていきます。ストレス社会の日本には欠かせない良い睡眠やリラックス効果に麦茶がなぜ効果的なのか。 まずは確認のために、お茶ランキングです。

もっと読む
4つの理由 | ダイエットのために運動を始めたら体重増加。筋肉だけの問題?
アスリート

4つの理由 | ダイエットのために運動を始めたら体重増加。筋肉だけの問題?

ダイエットや健康のために運動を始めたのですが意外と体重が増えることがあります。女性は特に体重を落としたいと思いますよね?そこで素朴な疑問(1)をまとめてみました。 ダイエットのための運動で体重増加。なぜ? 食事制限だけでは減らない贅肉。内臓脂肪。色々試しながらもやはり運動からの新陳代謝を上げることは大事だと分かっているけど運動を始めてからなぜか体重が増えていることはありませんか? 1.一時的な炎症 筋トレをすると筋肉痛になります。有酸素運動のランニングでも無酸素運動のスクワットなどをすると痛みがないとしても身体は自分の筋肉の痛み、炎症が起こります。 水分補給は大事なこと 汗をかいて、力を入れて、疲れて、を繰り返していくと筋肉だけでなく体内のシステムも疲れてしまいます。それは腎臓も疲れ血液も濃くなるなど、炎症だらけのままでは身体にとって危険であることをしっておくことは重要です。 運動をすると水分を摂りたくなるそれは自然なことです。体が求めているからこそで我慢をしてはいけません。(筋トレ後の水分不足尿酸値も上がります) 普段の生活時間より運動後はいつも以上に水分補給をするため、やや体重が一時的に増えやすいこともあります。 2.筋肉増強 上記に加え、ワークアウトをして痛んだ筋肉、神経などを癒し、また筋力を上げるには栄養補給は大事ですが、ダイエットをしたいのに体重が増える理由の2つ目として脂肪は燃焼できても、筋肉の方が重いため体重が増えたということになります。 皮下脂肪は減り、良い体つきになるという意味では良い傾向ではないでしょうか?(30代から衰える筋力、どうにかしたい!) 3.適度な食事 やはり運動後の栄養管理は重要です。ただプロテインシェイクを飲むだけでも十分ではありませんし、ダイエットをしたいからといって気合を入れて筋トレや運動をしたけれど食事をしないとどうなるか?何年もジムで筋トレをしていますが、栄養不足は体調を崩す原因になります。(実証済み) 食べすぎはいけません。適度な栄養。運動をした分、やや多めにプロテイン(たんぱく質)を意識して摂ることは大事で、早く筋肉痛も軽減できますし良い身体を維持する意味でも大切な栄養補給です。(運動前後に食べるとよい食べ物とは?) 4.心と体のストレス 運動をすること、それを定期的に続けることで【ダイエットのために頑張ろう!】 そう自分の中で誓って始めたことだから、継続したい。そういう意味でも頑張り屋の自分ではありますが、実は反面心と体のストレスにもなっている可能性もあります。だからこそ食べてしまう、心も脳も栄養と満足で満たされたい。 定期的な運動もそうですが、健康維持のためにやりすぎず疲れすぎたときは休息することもトレーニングの1つですので上手に身体の健康づくりをしつつ、良い身体のボディーラインを目指しましょう。

もっと読む