これが喉を通る?糖尿病に画期的とも言える新しい投薬がMITによって開発されたがちょっと意外でドキッとするようなタイプが密かな話題に。

消化器内で針が出る?

驚く開発をしたのがアメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)とマサチューセッツ総合病院
誰もが躊躇するであろう新型カプセルの体内でなす技が一般人の予想を越える。ではどういったものなのか細かな点を調べてみたところ、飲み込んでも大丈夫なのだそう。

針付きカプセルの動き

始めは至って普通のカプセル形状。
飲み込むことにより、胃の中に到達する際にステンレス針が出てくる仕組みだという。ただたまに薬やサプリメントを飲んでいる人なら分かると思うが、の見込みが悪くどこかで引っ掛かりを感じるときはないだろうか?

糖尿病新投薬-MIT開発針付カプセル
そういう時に胃に到達する前に針は出ないのか等気になるところだが現状一般的な糖尿病薬を飲むだけでは効果が高いとは言えないのだとか。

注射をする苦痛

糖尿病というとインシュリン注射(皮下注射)を子供であれ高齢者であれ毎日行わなければいけない。あれは自分で見ても他人が見ても美しい光景ではなく、とても痛々しい感じもあり、そして毎日注射をすることで、お腹に傷が残りがちな点も気になる人が多いはず。

アニマル実験通過

針など尖ったものの誤飲事故などの過去データなどからを基に今回の新型投薬が開発されたわけだが、こういった針入りのカプセルを飲み込んでも特に大きな問題にはならないという。
またこれらの非常に気になる針はゆくゆく砂糖成分等また違った成分からなるものに変化する可能性も。心理的にカプセルに覆われているとはいえ、ステンレス針が体内に入るのは気持ちの良いものではない。であれば何も告げられずカプセルを飲むだけの方が安心だろう。

今後の糖尿病新投薬カプセル活用

不安な気もするが、これらが上手くいくと糖尿病だけでなくワクチンや癌治療等広範囲で医療に役立つ可能性がある注目の投薬。これからも見逃せない。

2 コメント

  1. 恐ろしい糖尿病薬
    MITとはいえ、これが実用化するとどうなるのでしょう。このままのカプセルでは飲み込むのを躊躇しそうです(泣)

    • 新薬
      コメントありがとうございます。
      もっと改良され飲みやすくなることを願うばかりですね。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here