アメリカ人の80%に心臓病、糖尿病、骨粗しょう症、脳卒中その他病気が多くなっていますが、今回の研究でマグネシウム摂取と糖尿病などとが関係していると報告していますが一体どのようなことでしょう。

 

マグネシウムが2型糖尿病やその他の慢性疾患を防ぐ

マグネシウム
炭水化物代謝に重要な役割:
健康的な筋肉や神経機能を維持すること、免疫システムをサポートするため骨にもよい。

骨粗しょう症に:
特に高齢者や女性の骨折、奇形や障害に繋がる脆性骨疾患に対する保護をする。

健康的な血液レベル維持:
低血圧(高血圧を停止)とリンクしている。

冠動脈疾患(CAD)のリスクを減少:
心臓発作に繋がる心臓不整脈、脳卒中等を防ぐ役割がある。

どのくらいのマグネシウムが必要?

400から420ミリグラムです。
男性は毎日、310~320ミリグラム。
女性は毎日妊娠中の女性の場合、350~400ミリグラム。
英国では、700ミリグラムを(おすすめの)目安としています。

 

どんな食材にマグネシウムが豊富?

マグネシウムで2型糖尿病リスク減少

緑豊かな緑のほうれん草などの野菜や豆、
バナナ、アプリコットなどの果物、豆、ナッツ、種子、全粒穀物、大豆製品、ミネラルウォーターなど
私たちのこのHPを観ての通り、自然に上記食材を取り入れているので効果を発揮していますね。)

重要なこと

一番いいのは、嫌々糖尿病予防だなんだと考えるのではなく
私たちのように、自然に毎日の食生活に取り入れていること、油モノが美味しいからといっても
その場だけの美味しさを喜ぶか長期的に自分の体を考えるか。
その差で、体内も大きく差が出てくるのは怖いです。

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here