2018年11月8日放送した主治医が見つかる診療所で小顔に!美顔マッサージ、リンパずらし方法についてリンパ浮腫療法士の米原恵理子さんから伝授!

小顔になれる美顔マッサージ、リンパずらしのポイント

リンパずらし小顔マッサージ法。主治医が見つかる診療所


顔、首など流れが滞っているリンパの細胞の隙間にたまってしまっているたんぱく質、水分を上手に流してあげて改善することでほうれい線が消え小顔になれる方法というものです。

リンパずらしとは?

年を重ねる毎に顔のむくみが気になることはありませんか?
実は若いころはすっきりしていたあごラインに、いつの間にかついてしまったたるみなど、フェイスラインをすっきりさせるだけでも整形いらずで顔のむくみ解消へ導くことができるというお手軽マッサージ、それがリンパずらしなのです。

リンパ老廃物が溜まるとどうなる?

顔のたるみ・ホウレイ線

コラーゲンなどの減少から表情筋の衰え、加えて老廃物の蓄積などよいことはありません。

くすみ

朝よりも夕方にむくみやすいときは、リンパの滞りをチェックしましょう。美しさを保つにはリンパを流すことから。

しみ・そばかす

老廃物によりリンパの流れが滞ってしまうと新陳代謝も悪くなり、シミ・ソバカスを押し上げる力も弱くなってしまいます。

どれも溜まると嫌ですね。
体中にリンパが複数ありますが、中にはリンパ液が流れていて老廃物などを集め排出する役割があります。
この米原さんのリンパずらしでは、この滞りを流すことでたるんだ顎ラインやほうれい線も10日あまりでスッキリさせることができるというものなのです。

リンパずらしのやり方

リンパずらしのやり方

顔から鎖骨にかけてこんなにたくさんのリンパ節があるのです。これらをゆっくりやさしくマッサージするというものなのです。(

準備運動ー肩回し

肩の鎖骨奥には、全身のリンパ液が入り込むゴール地点がありますので、ここのリンパ管の流れを促進、活性化させていきます。
鎖骨を大きく動くことを意識し、できるだけ大きく、後ろに5回肩を回しましょう。

鎖骨リンパずらし

所要時間: 1分.

注意点: 力を入れて強く押してしますと、逆にリンパの流れを悪化させてしまうこともあるので、やさしく触れる程度を目安にしましょう。

  1. 鎖骨リンパずらし

    手を胸の前でクロス(×)させて、鎖骨のくぼみに手を当てます。

  2. 鎖骨のくぼみ

    指の腹で優しくゆっくり、鎖骨のくぼみの皮膚をずらすように5回マッサージ。

首のリンパマッサージ

顔を行う前に、首のリンパ液を流すことが大切です。
首の下半分から回すように3回程度やさしくマッサージします。その後、首の上半分も行います。
最後に鎖骨に向かってなでるように、やさしく首のマッサージをします。

耳のリンパマッサージ

人差し指と中指で耳を挟んで回すように5回行います。
最後に鎖骨に向かいやさいくなでるように流しましょう。

顎のたるみ解消リンパマッサージ

親指をあごの下に当てます。
やさしく耳の方にゆっくりと移動し、これを5回行います。この時も極力力を入れすぎないように優しく丁寧に行いましょう。

目元をぱっちりさせるリンパマッサージ

パソコン、スマホを多く使うようになった目。眼精疲労を取るために目もマッサージ。

目の下の骨の部分に指の腹を当てやさしくゆっくりと、くるくるマッサージします。
特に目の周りの皮膚は薄い部分なので、やさしくがポイントです。
大きく動かす必要はありません。小さくクルクル行いましょう。
瞼(まぶた)の上の骨に指を当て、くるくる5回マッサージ。
額に指をあてて5回くるくるとマッサージ。
耳を通し、鎖骨まで優しく「リンパさん流れてねー。」と願いつつ流していきましょう。

ホウレイ線が気になる時は

まずは手を使わず、口の中で舌を使うリンパマッサージです。

鏡を見ながら、ほうれい線を口の中から舌を使い押し出していきます。
(左右5回ずつ)

続いて外側からもマッサージをします。
ホウレイ線のしわのところにぴたっと指をあてます。
できるだけ小さな円を描くように、やさしくクルクルマッサージします。

リンパずらしマッサージの回数は?

1日2回、朝晩1回ずつ。毎日行うことで顔がスッキリするようです。また1度にたくさん行うよりも、1日の中で小分けをしてリンパずらしマッサージをするとより効果的なのだとか。

お風呂に入りながらでも手軽に「キレイになーれ♪」のリンパずらしマッサージを始められますね。それから食からいただく方法も一緒に摂り入れられます。

ビタミンEが豊富な食材

より効果を高めるのであれば「ビタミンE」が豊富な食材を摂取するとリンパの流れがよりよくなり、効果アップが期待できるということです。
ビタミンEが豊富に含まれている食材はこちら。

  • ナッツ
  • 鰻(うなぎ)
  • かぼちゃ
  • ほうれん草 など

ビタミンEで美味しくそしてリンパずらしマッサージでW効果を狙って小顔を維持&目指しましょう。

<今回のおさらい>

リンパずらしとは?

フェイスラインをすっきりさせるだけでも整形いらずで顔のむくみ解消へ導くことができるというお手軽マッサージのことを指します。

どの箇所をリンパずらしができる?

鎖骨リンパ、首、耳、顎、目元、ホウレイ線など沢山のリンパずらしができます。

注意点

力を入れて強く押してしますと、逆にリンパの流れを悪化させてしまうこともあるので、やさしく触れる程度を目安に行うことです。

リンパずらしマッサージの回数は?

1日2回、朝晩1回ずつ。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here