腸に働く!オートミール入キウィフルーツスムージー

健康的というべきか。おやつに、朝食のお供に、今回は糖質控えめオートミールスムージーに挑戦してみましたが、今までになく意外な結果が出てきたのですが、一体何?

オートミールのおさらいから

オートミールとは何?という方へ。押し麦のことを指します。オーツ(麦)同じものです。一体どんな時に活用できるのか?初めての方、知らないと損ですよ。

  • ナチュラル100%
  • ドライになっているので保存が利く
  • 赤ちゃんの離乳食からお年寄りまで幅広いそうに愛されている
  • ほぼ味がないので主食にもおやつにも使える
  • 食物繊維抜群の豊富さ(お通じを良くする効果)
  • お腹に溜まりやすいので、腹持ちが良く経済的!

など利点がいっぱい!

ということで今回はこのオートミールを使ったスムージーを作るというわけなのです。
始めに電子レンジ等でトロトロにして、その後ジューサーに掛けるので全く違和感なく濃厚スムージーが出来るというわけなのです。
ここからアレンジをしていけばいいわけです。

簡単ですよね?

今回はキウイでスムージー。

前回のぶどうのスムージーを基本にキウイに変えてみるという非常に簡単なものですみません 笑

せっかくなので、キウイの栄養についても調べてみました。
ビタミン豊富なイメージがありますが、以下のような栄養素が含まれています。<
(甘みと酸味のあるキウイフルーツ)

  • 糖質として、還元糖というグルコースとフルクトースが豊富で、糖全体の75~85%を占め、残りの15~25%がスクロース。

有機酸としては、クエン酸とキナ酸が多く、それぞれ果実質量の1%前後含む。次いで多いのがリンゴ酸で、0.2~0.3%程度含まれるのがこれらキウイフルーツ

グルコースとは?

グルコース (glucose) あるいはブドウ糖は、糖の一種で、エネルギーとなる物質の一つ。

消化促進効果も期待できるので、オートミールともダブルで効果も期待できそうです!
(Wikipedia)
しかし欠点もあるのをご存知ですか?ご注意ください。
・人によっては食物アレルギーになるということもあり、実は・・・デリケートなフルーツなのです。

(次ページへ続く:ではキウイスムージーレシピ紹介へ)

テンサイジャパンメールマガジン登録フォーム
1
2

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here