小児肥満増加-ダイエットと食事と良い体作りのコツ

長年の蓄積結果の脂肪

そうです。長年の月日をかけてコツコツと脂肪を蓄えてきたのは誰ですか?

あなたと一緒にニコニコしながら子どもたちももちろんこんなものばかりを食べてきていませんか?

  1. 甘いお菓子
  2. 塩辛いおやつ
  3. 揚げ物
  4. ジュース
  5. 炭酸飲料
  6. スポーツドリンク
  7. うどんやラーメン、パスタ
  8. 外食
  9. 丼物

これらの積み重ねがあるからこそ、あなたの体型はどんどん重たくなってきてしまうのです。

小児肥満も無理なダイエットは危険

そうです。これもよくあることで置き換えダイエットをしたり、なんとなく始めたダイエットは続くものではありません。また目標を掲げないことはモチベーションを低下させる原因の1つでもあります。

  • キャベツダイエット
  • もやしダイエット
  • りんごダイエット

こういった偏った食事も病的に体を悪くするため、けんこうてきに痩せるのではなく貧血など体内、精神的にもあまりよいものではありません。

バランスよく食事を取ることから始めましょう。

子どものおやつの工夫 こちらも前回オーガニックでヘルシー、そして簡単にできるおやつを紹介しましたね。
これは冷やしても温かいままでもおいしく食べられる、スーパーフード!赤ちゃんからセクシーハリウッド女優さんまで愛されている理由が分かるはずですね。

肥満対策子どもの健康的なダイエットおやつ例

適度な運動

同時に適度な運動をしていくことです。
1日最低30分間がよいとされています。ただ始めは少しずつ、こちらも無理のない程度から呼吸を整えながら新陳代謝をあげていくことで痩せやすい良い体を作りやすい体質へと変化させていくために重要な働きをしてくれるもの。

タブレットやスマホで健康管理

ヨガ
注意:ヨガは色々な種類がありますが、初心者は優しいヨガ、または初心者向けのものから始めるとよいです。
理由:急激に本格的なヨガを始めると、筋肉や筋を痛めることが多くあります。(友人体験談)

テラピスなども同様。
その他エクササイズ
一人で運動をするより、子どもと、夫婦でなど複数人で行うとモチベーションも維持できやすいです。(実体験談)


【90分DVD】はじめての楽しいヨガ4週間プログラム―1日10分で全身シェイプアップ

コメントする