加糖飲料消費量と2型糖尿病

エネルギー源に、ビタミン●●●ml配合等を含め巷には溢れんばかりの砂糖入り飲料水が販売されていますが、今話題となっている糖尿病との関係は一体どのようなものなのか。

 

100%フルーツジュースと2型糖尿病リスク対象調査

フランスのヨーロッパ国立教育機関(French prospective Etude Epidémiologique auprès des femmes de la Mutuelle Générale de l’Education Nationale)
によると、甘味飲料摂取量の多ければ多いほど2型糖尿病リスクが強い傾向があるという。

砂糖の力と体への影響

以前にも何度か記事にした肥満、糖尿病への影響だけではない砂糖の中毒症状
世界的に社会問題となっている分、栄養学などの研究者たちはこれらの問題の原因を探る研究量も日々増えてきているともいえます。

どうしても間食、お菓子、満腹感を得たい

加糖飲料消費量と2型糖尿病

スナック、お菓子、甘いものを食べれば食べるほど満足は得られますが、体内の満足感を得るには相当な量を摂っていることも多く更に100%フルーツジュースを飲むのであれば、皮付きのりんご等を食べたほうが同時に食物繊維をたっぷり摂取できるため、例え1個のりんごだけでも満腹感も非常に早いです。合わせて自然の甘み(糖分)を得ることで、必要な栄養だけ吸収され、不要なものは分別されやすいので
本来体が求める食べ物といえるのではないでしょうか。

欲求のまま食べたいものを食べるのではなく、
体に美味しいものを食べる。

 

テンサイジャパンメールマガジン登録フォーム

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here