糖尿病とインスリンの関係

血糖値が高くなる病気。食べ物や飲み物は消化されると、エネルギー源であるブドウ糖に変化します。血糖値・・・すなわち糖尿病になるとブドウ糖が必要とする細胞まで運ばれず、血液中に溢れてしまい血糖値が高い状態が続いてしまうなんて恐ろしいですね。

血液検査キットおすすめ

 

正常な体の動きが麻痺してくると、病気を引き起こしてしまうことは知っていますか?
糖尿病になるとインスリンを体内へ注入しなければいけない、つまり自分でインスリン注射を打たなくてはいけません。

糖尿病になるとインスリンを自分のお腹に注射している人を見たことはありませんか?ただ糖尿病にならないとインスリンが何なのか分からないと思いますので説明していきましょう。

インスリンの役割とは?

インスリンは、ブドウ糖をコントロールしてくれるホルモンです。

【インスリン注射したくない!血糖値から元気な身体作りを今すぐしたい方へ】

すい臓で作られて、インスリンが正常な場合、血糖値も正常な数字を保ってくれるというわけなのです。
血液中のブドウ糖を細胞に送り活動エネルギーにしたり・・・
糖尿病=インスリン不足であったり、うまく作用しないため血糖値が高くなるという仕組みです。

糖尿病とインスリンの関係

手遅れになる前に。あなたが今日からできることは何ですか?

【関連おすすめ情報】

コメントする