若年といわれる20代から、またはそれ以下の肥満、肥満が原因での糖尿病発症など日本だけでなく世界中で問題化しているところに更に追い討ちをかけるような「20代前半肥満と死亡リスク2倍」という研究結果についての情報です。

 

20代前半肥満と死亡リスク2倍とは?

デンマークの研究チームによると、20代前半肥満男性は、同年代平均体重の男性と比較し55歳前死亡確率が2倍になると発表しました。55歳、現代ではまだまだ働き盛り、元気な世代ですが35年の間でどれだけ自分自身で知らず知らずに体を痛めつけてしまうか。という結果なのでしょう。

他人事ではないはずです。

肥満と高血圧、血栓-2型糖尿病等健康障害

20代の頃暴飲暴食しても問題ないだろう。誰でも経験をしてきていることだし。そう考えていることが危険信号を作り出している問題点の1つかもしれません。

糖尿病だけではないあらゆる死亡リスク

55歳までの肥満グループでは、2型糖尿病、高血圧、血栓心臓発作などこれでもかという程の死亡診断であったそう。女性はどうなのか?

女性の肥満と糖尿病や死亡リスクも関連性があるかもしれないと警告もしています。
今からの健康管理が一番です。

今から肥満改善としてできること(一例)

<<代謝を上げる>>

【関連情報】

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here