ワンランク上を目指せ!似合うビジネススーツ選びのコツ

ビジネスマンにとってスーツが与える印象は重要であり、第一印象で商談が決まってしまうことさえある魔法のユニフォームともいえる。しかしこの人大丈夫かなと思われたら、ビジネスマンとして失態だからこそ今日からワンランク上を目指すビジネススーツの選んでほしい。

例えウールでもポリエステルでも、30万円でも3万円でもあなた自身に似合っていなければ意味はなく、無駄買いになってしまう。そこで今手持ちのビジネススーツと照らし合わせて似合っているものなのか、おすすめビジネススーツ選びのコツと買い替えが必要かも合わせてチェック。

勝負のためのビジネススーツ

例えば手袋をはめたフィット感。

そんなイメージがつかめるだろうか?皮の手袋をはめた時フィットしているとかっこよさが表現できるが、大きくブカブカしたものではいまいちカッコがつかないどころか、むしろ素手の方がマシというもの。
それらをスーツに置き換えて表現していこう。大きすぎても小さすぎても不恰好になるためビジネスにもカジュアルでも不向きとなるため、自分だけのジャストフィットスーツを選ぶ・または購入が必要。

オーダースーツでも魅力に差が出る

ワンランク上を目指せ!似合うビジネススーツ選びのコツ
ワンランク上を目指せ!似合うビジネススーツ選びのコツ

右の茶系スーツはどんな印象があるだろうか?

  • やぼったい
  • ドン臭そう
  • おじさんっぽい
  • 仕事が遅そう
  • 大丈夫かな?とある意味気になる
  • 営業も任せられなさそう
  • 面接だったら、断りそう

では、
フィット感があるものはどんな印象があるだろうか?

  • シャープ
  • 知性的
  • 仕事ができる
  • 信頼が高い
  • 話がしてみたい
  • どこでオーダーしたのか気になる
  • どこのブランドか気になる

こんなにも魅力がはっきり分かれてしまう魔力がある。

フィット感が自己ランクを上げる

2枚の写真が並んでいますが、どちらが若いだろうか?色々なイメージが沸くと思うが、実は写真の右左どちらも同じ人が着ているのだ。おすすめのビジネススーツ選びのコツもだんだん見えてたに違いない。
こんなにも印象は違ってしまうし、老けても若くも見える。第一印象はこんなにも差が付くのだ。本当に怖い。

スーツをとりあえず着ている人の印象

例え●●の専門家です。と言われてもインパクトは弱いというのが第一印象の威力。話言葉より第一印象で面接は決まると言われている程、あなたのビジネススーツは見られていないようで、見られているのだ。
小さなこと、小さなオシャレ、小さな演出ができる男性がビジネスでもOFFでもポイントは高い。(もちろんハートも大事に!)

減量増量した体重で変化したスーツ

これは極めて重要。実際に起こったことがこれらの写真の違いを生み出している。とにかく野暮ったく見えている以上スーツを新調だ。それがベストです。
あとは痩せていてスーツが似合わないなら、鍛えてかっこよく見える努力もよいとだろう。それもあなたの魅力の一部。

【関連情報】
オーダーメイドや高級スーツのマストアイテムは、持っているだろうか?
テーラーさん絶賛!良いスーツの自宅お手入れ方法

シェア:

気になる記事

メルマガ登録

NEW テンサイジャパンメルマガ

健康・テック・お金・マナーなどのライフ総合情報をお届け!